2006年05月29日

劇場『ピンクパンサー』

監督:ショーン・レヴィ
脚本:レン・ブラム、スティーブ・マーティン
出演:スティーブ・マーティン、ケヴィン・クライン、ジャン・レノ、エミリー・モーティマー、ヘンリー・ツェーニー、ビヨンセ・ノウルズ他
すごく面白かったです。けっこう笑いこっちゃねえ状況なのが多かったけどw おぢさんが勝手に自爆するだけならいいんだけどさ〜、前半あたりは無実のケガ人大量生産だもんだから違う意味でハラハラしっぱなしw ゲラゲラ笑っちゃうシーンもそれなりにあったけど、思ったより少なかったかな。「ハンバーガー」のくだりはしつこすぎ。基本的に英語でやってる映画なのにソコんとこだけフランス人なのは意味不明であるw カーテンにカムフラージュしてコッソリ侵入するくだりは、スティーブさんはまだしも(って言っちゃっていいのか分からんけど)ジャン・レノが不憫でw あんなボディコン全身タイツ着せられて>< 笑うどころか正視できんかった;; それが笑いどころなのは分かってるんですけども・・・というかね、なんでジャン・レノなのかと。主にスティーブさんに振り回されながら真顔で突っ込みを入れるとゆー分かりやすい役どころなんだから普通に若くてピチピチの、ついでにマッチョでセクシーでギャラのリーズナブルな役者でよかったんぢゃないかと。そんなビッグネーム連れてこなきゃ売れないタイトルでもないだろうに。つぅか最近ジャン・レノは仕事しすぎぢゃないですか。決して嫌いぢゃないけどそろそろ見飽きちゃうよ。そーいやクライブ・オーウェンが何気に超かっこええ感じになってましたね。危うく惚れそうになった。脚本書いた人に。個人的にはダニエル・クレイグより似合ってるんじゃないかとさえ思ってるんですが、どっかの雑誌で「007に選ばれなくて本当に良かった。今は家族とゆっくり過ごしたいんだ」といったよーなコメントが載ってました。ダニエル本当にがんがれダニエル。とゆーワケでピーター・セラーズ版のDVDが超欲しいんですがBOXは高いです。どうにかしてください。

posted by のりすけ at 11:27| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『下妻物語』

監督&脚本:中島哲也
原作:嶽本野ばら
出演:深田恭子、土屋アンナ、宮迫博之、篠原涼子、樹木希林、阿部サダヲ、他
『嫌われ松子の一生』の公開記念とかで500円だったので観てきた。
ド田舎のヤンキーが漢字読めないのはいいとして、ロリータ一直線のプリン系な女の子が実は常識的で漢字も普通に知ってるというのがなかなか受け入れられませんでしたw 何故だろう。偏見にも程がある。あと神戸とかその辺の出身で親父がチンピラだったとゆー家庭に育ってんのに、茨城に引っ越したからっつっていきなり標準語しゃべれてるのも不思議(茨城が基本標準語だとは思ってませんが)。・・・あ、ロココの世界で関西弁ってワケにゃいかんのか。そうか。なるほど。でも最後のあの啖呵は全編関西弁でやってほしかったですねw レディースの姐さん方は皆さんそれなりに迫力があってよろしかったと思います。やたら鮮やかな緑モヒカンが居ると思ったらまちゃまちゃさんでした。けっこうなアップでも映ってたしセリフもちゃんとありましたが、goo映画で検索してもキャスト詳細に名前が載ってませんw 公開当時(2004年5月)はまだ売れてなかったですか。そうですか。世の中どう転ぶか分かりませんですね。なんだかんだで気付いたらじょばじょば泣いてました。世の中ってかなり予想外でできてると思いますた。

posted by のりすけ at 10:58| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『ジャケット』

監督:ジョン・メイブリー
出演:エイドリアン・ブロディ、キーラ・ナイトレイ、クリス・クリストファーソン、ジェニファー・ジェイソン・リー、ケリー・リンチ、ブラッド・レンフロ、ダニエル・クレイグ他
『エターナル・サンシャイン』や『バタフライ・エフェクト』みたいなタイム・パラドックスな謎解き(?自分でももっと分かりやすい言葉を使えよ、と思う)が、たぶんスリリング。なんだけどなんかこう、エイドリアン君の追い詰められすぎて諦め入ってそうな顔っつぅか空気っつぅかが、そのぅ、あんまハラハラしなかったです。フラッシュバックの映像は怖かったけどね。んでもクリスマスとかキリストにやたらと係わってるキーワードとか、戦場経験者の精神的後遺症とその治療方法についてとか、えらいお医者さまの腹ん中は真っ黒だとか、カワイイ子は救いたいとか、いかにもな“ジョージ・クルーニーとスティーブン・ソダーバーグのセクション・エイト製作”だと思うと納得せざるを得ないというか考えさせられざるを得ないというか。つぅか次期ジェームズ・ボンドがこんなところで油を売っててビビッた。がんがれ超がんがれ。CMの決め顔がけっこう猿人類な感じで微妙・・・って思ってるのはアタシだけだと信じましょう(;´ω`)

posted by のりすけ at 10:49| 群馬 ☁| Comment(2) | TrackBack(7) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『間宮兄弟』

監督&脚本:森田芳光
出演:佐々木蔵之介、塚地武雅、常盤貴子、沢尻エリカ、中島みゆき、戸田菜穂、高嶋政宏、他
面白かったです。面白度合いは、期待通りです。が、“大冒険の末ハッピーエンド”でないところが予想と違ってました。なんだか色々あったけど、結局今まで通りのところへ戻ってきちゃったね。まぁいいか、これはこれでけっこう幸せだし。という落ち着き具合。もっと個人個人がぶっ飛びまくって魍魎跋扈というか百鬼夜行というかそりゃいくらなんでも言いすぎか?なアレも予想してたんですが(特に中島みゆきあたり)、そんなことはありませんでした。ごめんなさい。その代わり、普通にそこら辺で見かけそうな世界というか、どこかホッとするところがあって。クスっと笑ってちょっぴりホンワカできる、楽しいムーヴィーでした。・・・えーっと、そうなんですよ。オチがね・・・。なんでかタライは降るんだけど。。。

posted by のりすけ at 10:36| 群馬 ☁| Comment(2) | TrackBack(18) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

劇場『ダ・ヴィンチ・コード』

監督:ロン・ハワード
製作総指揮:トッド・ハロウェル、ダン・ブラウン
出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリーナ、ユルゲン・プロホノフ、ポール・ベタニー、ジャン・レノ他
まぁまぁ面白かったです。なんだろう、期待しすぎたのかな? 正直、レオナルドの謎解きも宗教の話も、あんまし興味が無いかも・・・なんつってもうホントにどうしようもないですハイ。観る資格ないですかそうですか。いやーだってさトムさんの剃り込み禿げ(?!)がどうしたって気になるぢゃないすか。最後オドレイさんとチューなんかしてたら絶対何か投げてた。ポールさんが予想以上に怖くて大満足。このひとは天才なんぢゃなかろうか。しかし、やはり原作を先に読んでた方が良かったかしら、、、今から読むとトムさんの愉快なヘアスタイルがチラチラして没頭できない気がして。忘れた頃に読むことにしますかね。来年あたり。

posted by のりすけ at 22:27| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『クライ・ベイビー』

1989年
監督&脚本:ジョン・ウォーターズ
出演:ジョニー・デップ、エイミー・ロケイン、スーザン・ティレル、イギー・ポップ、トレイシー・ローズ他
とりあえず若くて美しいジョニー扮するぴちぴちのイケイケの“ツッパリ”が、とっっってもお似合いです。顔の線がリーゼントに似合ってるというか。ジョニー好きなら絶対に外せない一品(?)。ただ体が華奢なので“キング”と呼ばれる所以がよくわかりません。歌が上手けりゃ良いってどんな不良? そりゃシビれる歌を歌って女とゆー女が片っ端から股開くってんなら周りの人間は一目も二目も置くでしょうが・・・とか思ってたら、これはミュージカル映画なんだそうでw えええええー。観終わって特典映像見るまで気付かなかったの、アタシだけ? それと舞台が50年代とゆーことで色んなところがダサいというか古いというかですが、ファッションは嫌いじゃないでつ。不良たちの服装、けっこういかす。むしろお上品な方々のしゃちほこばった服装の方が笑えた。最後の方の、お上品な方であるはずのお坊ちゃんの卑劣な罵り方が(良い意味で)妙ですね。あいつ殴りたい。それにつけても役者達が個性的というかキョーレツとゆーかツワモノ揃いとゆーか、キャラクターの迫力が凄いっす。

posted by のりすけ at 22:06| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『陽気なギャングが地球を回す』

監督:前田哲
出演:大沢たかお、鈴木京香、佐藤浩市、松田翔太ほか。
ふっげえ面白かった。佐藤浩市ってこーゆーのもイケるんですね。知り合いにこのキャラそっくりなひと(スーツではなくアロハを着てるとき限定w)が居るもんで、かなりオーバーラップしちゃってましたが・・・こーゆーキャラってけっこう好きなんですよ。しかもわざとらしくないし、長台詞もごく自然。キャスティングしたひと超偉い。他の脇役さんの、主におじさんたちのドタバタも面白かった。みんなゲラゲラ笑ってて劇場の雰囲気もすごい楽しかった。ただし、ロマンはいいけどロマンスは要らなかったんぢゃないかと思ふ。大沢たかおのドアップばっか見せられるのは個人的にウットリしないっつぅか、そっちのドキドキは無くても十分っつぅか。ゾウさんとキリンさんの問題はむかーし見た覚えはあるんですが・・・いつだったかなぁ・・・答えは忘れてました^^; エンディングテーマで和田アキコがまたどっかの誰かとコラボだかなんだかで歌ってますね。2匹目のどぜうですかそうですか、などと思いましたが曲は良いです。サントラ買ってもいいかも。

posted by のりすけ at 21:55| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

劇場『ナイロビの蜂』

原題:『The Constant Gardener』
監督:フェルナンド・メイレレス
出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ユベール・クンデ、ダニー・ヒューストン、ビル・ナイ、ピート・ポスルスウェイト他
ガーデナー=庭師、庭いじりを好む人 とは、「継続的に注意して世話をすること」の比喩だそうです。うーぬぬ。深いですぞ。邦題もなんとなく意味ありげではありますが、方向性が違うというか焦点が違うというか、言いたいことが違ってるよーな気がするというかw まぁそれは置いといて、、、テッサみたいなトンデモレベルの情熱家が何十年かけて活動してもスラムはスラムのままなのね、というのが一番哀しい。腐った企業や腐った国の腐った政治がいつまで経ってもなくならない対価なのでありましょうか。そう思うと、ただただ哀しい。

posted by のりすけ at 12:38| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

DVD『ファミリービジネス』

1989年
監督:シドニー・ルメット
出演:ショーン・コネリー、ダスティン・ホフマン、マシュー・ブロデリック他
パッケージのイメージからしてコメディっぽいのかと思ったら、普通に真面目な家族愛ドラマでした。これっぽっちも親子どころか親戚にすら見えない3人が真面目に親子喧嘩してる様は、なんだか不思議です。その上マシューがイケメン童顔優等生すぎて、ドロボウしたいんだ〜とか言ってる姿が本当に不可解。天は二物も三物も与えちゃあいけねえよな(ちょっと違う)。ともかく、複雑な親と子と孫の心境がドラマチックです。ダスティンが損な役回りというか難しい役回りというか、幅も奥行きもある役者なのだなぁと感心しきり。やばいくらい粋なグランパはグーで殴られても平気だし、普通のチンピラなら手錠かかってたってKOできちゃいます。ショーン・コネリー偉大すぎる。粋だね。しかしメッセージは至極まとも。それなのに最後の最後まで「えーだってショーンは不死身なんでしょ?」とか言って笑えるシーンを期待してたアタシはやっぱり地獄にも天国にも行けそうにないです。

posted by のりすけ at 21:45| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

DVD『サタデー・ナイト・フィーバー』

1977年
監督:ジョン・バダム
出演:ジョン・トラボルタ、カレン・ゴーニー、バリー・ミラー、ジョセフ・カリ他
いやー、どんだけハッチャケたダンスなのかと思って。期待してたんですが。普通にださいですね。それは今の目で言うからに決まってるんだけども。うん。ジョンがセクシーなのは分かる。イイ男なのも認める。タイプじゃないけど。つか今より濃くない?良い意味で。ともかく、アタシはあのダンスでは惚れない。というワケで、昔懐かしい挿入曲に「う〜ん、古き良き時代・・・」とか呟きながらダラダラ過ごしたい土曜の夜がお似合いな映画だということが分かりました。日曜の夜じゃあやっぱダメだった。夜の駅構内の隅っこでギター少年がどっかで聞いたよーな歌を歌って、分かったよーな顔をした少女がその前で体育座りをしていたりするのは全国どこでも見かける光景だと思いますが、見る度に「アタシはもうそんな時期はとっくに過ぎたから言うが、ボーイズ&ガールズ。きっとキミらもそのうちそんな昨日や今日の体験を死ぬほど恥ずかしい思い出話としてブログかなんかにクソつまらないエントリをあげたりするんだろう」とか思えてしまって、見てるこっちが恥ずかしい。青い春のエネルギーってすごいよね。すごかったよね。といったようなことをこの映画から連想しました。思へば遠くへきたもんだ。

posted by のりすけ at 15:05| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

劇場『大統領のカウントダウン』

英題『COUNT DOWN』 ロシア
監督・脚本:エヴゲニー・ラヴレンティエフ
出演:アレクセイ・マカロフ、ルイーズ・ロンバード、ヴァチェスラフ・ラズベガーエフ、ジョン・エイモス、ユーリー・ツリロ、マリヤ・ゴルプキナ他
邦題の“大統領”ってなんなんだろねw アクション映画と胸を張って言ってるだけに、勢いがすごい。ヒコーキの音とかすげーでっかくて、前の列の馬鹿親子(始まってから入ってしばらくアタシの目の前でウロウロしてた。早く座れってんだ!)の会話が一切聞こえなくて助かりました。ついでに言うと役者のセリフも聞こえなかったトコもあるんだけど、ロシア語なら聞こえても同じなのでひたすら字幕を追ってたのでオーライです。テロ組織・戦闘機・銃撃戦・起爆装置つき爆弾・チェルノブイリの悪夢・2000人もの人質・サーカス・サミット・美人ニュースキャスター、もちろん人種も様々。まーよく揃えましたですね。まさに国をあげてのプロジェクト。こんだけ詰め込んだら、そりゃあテンポ良く話は進むでしょう。言い方を変えると勢いだけで突っ走ってる。この映画を観るための基礎知識ってのがある程度必要ってことなんだな;; ウマル役のひとカッコヨス♪ 本名は難しくて覚えられないけどw
posted by のりすけ at 11:41| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『RENT』

監督:クリス・コロンバス
出演:ロザリー・ドーソン、テイ・ディグス、ウィルソン・ジェレマイン・ヘレディア、ジェシー・L・マーティン、イディナ・メンゼル、アダム・パスカル、アンソニー・ラップ、トレイシー・トムス他
「ニューヨークのイースト・ヴィレッジを舞台に、貧困と病魔、孤独に苦しみながらも限られた生命を燃焼し尽くした若者たちの、1989年のクリスマス・イヴから1990年のクリスマス・イヴまでの1年間を躍動感いっぱいに綴っている」物語。噛み砕いて言うと「ドラッグとエイズにまみれつつ夢を追いかける若者たちの賛歌」てなあんばい? ミュージカル仕立てなのでセリフが主に歌。歌って踊って賑々しいんだけどテーマは泥沼同姓愛とか迫り来る死とかゆって超ディープ。メインキャスト8名のうち6名がブロードウェイで同じ役を演じた役者たちという気合いの入りっぷりは圧巻であります。さすがの歌唱力。冒頭からずびずばーです。しかし隣に座ってた小学生女子はどんだけ理解してくれたでしょうか^^; そんな感じの銀座東劇は満員御礼状態でしたが、週末のデェトでこーゆーの観る若いカップル的にどうでしょう。ミュージカル映画ってことでもっと楽しい展開を予想していたのかも・・だってこの後のディナーでまさかエイズの話とかしないもんねぇ。まぁ、関係なくはないけどw
posted by のりすけ at 11:24| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

劇場『寝ずの番』

R-15ですが、それどころではない。どっかで見た評では「中高年層こそ楽しめる作品」って言ってます。うん、アタシ、ありがたいことに、まだ届かないっぽい(;´∀`) 小学生男子が「うんこうんこー!」とか「おっぱいおっぱい!」とか叫ぶだけで大喜びできるみたいな感覚が、一旦抜けて何十年か後に戻ってきたとき、洒落っ気を含ませて遊んでみたりしたくなるのかなぁ、みたいな。その頃もっかい観て大爆笑したいと思いました。あ゛ー、落語は相変わらずよくわかりませんが、落語も下ネタは鉄板、でおkですか? ちなみに、中井貴一は正直見飽きてるし、どうかなぁと思ってました。が、大丈夫でしたw つぅかこんなに声が良いなんて知らなかった。これなら笹様(はぁと)とか呼ばれても許せる気がする。アタシは呼ばないけど。木村佳乃のハジケっぷりも爽快です。なんとなくこのひとには親近感を覚えるので、明るいキャラで演技をしてくれるとほんのり嬉しかったりするのでした。楽しい映画ですが、大爆笑していたのは明らかに年配のお客だけでした。うーむ。
posted by のりすけ at 10:53| 群馬 🌁| Comment(2) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

劇場『ホテル・ルワンダ』

2004年製作 南アフリカ・イギリス・イタリア
監督:テリー・ジョージ
特別顧問:ポール・ルセサバギナ
出演:ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ホアキン・フェニックス、デズモンド・デュベ、デイヴィッド・オハラ、カーラ・シーモア他
“アメリカの劇場数館で公開されたが、瞬く間に評判となり、公開のめどが立っていなかった日本にもその興奮が飛び火し、ネット署名運動を展開。5000通もの署名を集め、その熱意でついに日本公開!”という大注目作。アタシも署名しました。ドン・チードルが超いいひとで超泣けました。隣の隣の隣の席のひとがじゅるじゅるゆって泣いてた(間は空いてました)。とにかくこおゆうのはたくさんのひとに観てもらわないといけない。戦争とは言わないんだろうけど、他の国とか国連とかが介入だの平和維持だのと偉そうなこと言って係わっておきながら結局あんなことになっちゃって難民とか出てるという事態。どうかしてる人間はどこにでもいくらでも居るワケだけど、そうでない人間は「それをやったらああなりますよ」的なことを言ってやることはできるし、是非言ってやらねばならないというワケだ。ポールさんがんばった。しかし同じ人間(しかもルーツだって同じはずの隣人)をゴキブリ呼ばわりするなんて(映画の中で何十回も言ってる)、全くどんなご身分なんでしょうな! ぷんすか! 話は変わりますが最近なんとなくドン・チードル祭りですね。もっと楽しい役どころとかもいろいろ観たいですね^^
posted by のりすけ at 09:05| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

劇場『アンダーワールド エボリューション』

監督:レン・ワイズマン
出演:ケイト・ベッキンセール、スコット・スピードマン、トニー・カラン、シェーン・ブローリー、スティーヴン・マッキントッシュ、デレク・ジャコビ、ビル・ナイ他
前作の続編ですね。一応あらすじは説明されてますが、まぁ観ておいた方がいいでしょうね。というか前作の終わり方が思いっきり続編を意識したヒキになってるし。コッチの世界では前作から3年経ってるけど、ソッチの世界では翌日か精々2,3日くらいしか経ってない。今回は野外を歩くシーンもちょっとあったりして、ちょっとだけ世界が広がったイメージがあるんでわないかしら。最後の闘いは結局屋内で、ほんのり前作とダブったけど。で、なんだかんだでお話は完結したんだと思うんだけど、パンフ読んだら3作目がどうとかちょろっと書いてある。もーいーんでない?w ところどころつっかかる微妙な間だったり、折角のベッドシーンも画面半分モザイクだったり、っていう納得いかないトコが治らないんだったら。もっともスコットさんの腕がもっと見れるんだったら良いですけど。肉体も良いけどこのひとは唇が良い。ぺろぺろしたいわぁ(;´Д`)
posted by のりすけ at 09:09| 群馬 🌁| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

DVD『ゲット・ショーティ』

1995年
原題『GET SHORTY』
監督:バリー・ソネンフェルド
出演:ジョン・トラボルタ、ジーン・ハックマン、レネ・ルッソ、ダニー・デビート他
そう言えばジョン・トラボルタの映画って今までちゃんと観たことなかった。声が高くてびっくりした。見た目はあんなに渋カッコイイおやじなのに、声だけすごく若いっつーかなんつーか。見た目だけは“やくざ”が超似合うっつぅか集金屋なんて下っ端ぢゃなくてボスクラスに見えてしまうワケですが。しかも殴られても決して血のりなんかつけないというw そんでもって「おまえそんなんでよく生きてこれたな」っていうセリフを何度も言ってる張本人が本職の仕事ほっぽって映画みちゃあキャッキャはしゃいで、プロデューサーだ〜とか言っちゃあキャッキャはしゃいでるワケですが。ダイジョブなんでしょうか。よく生きてるよな。・・・あ、ボスが死んだからどうでもいいのか。うーん、これがトラボルタワールドか。『サタデー・ナイト・フィーバー』から出直して参りますorz ダニー・デビートがこれまた良いキャラしてて嬉しいですね。大好きだ。『Be Cool』も観なきゃねッ♪

posted by のりすけ at 01:08| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする