2006年05月12日

劇場『寝ずの番』

R-15ですが、それどころではない。どっかで見た評では「中高年層こそ楽しめる作品」って言ってます。うん、アタシ、ありがたいことに、まだ届かないっぽい(;´∀`) 小学生男子が「うんこうんこー!」とか「おっぱいおっぱい!」とか叫ぶだけで大喜びできるみたいな感覚が、一旦抜けて何十年か後に戻ってきたとき、洒落っ気を含ませて遊んでみたりしたくなるのかなぁ、みたいな。その頃もっかい観て大爆笑したいと思いました。あ゛ー、落語は相変わらずよくわかりませんが、落語も下ネタは鉄板、でおkですか? ちなみに、中井貴一は正直見飽きてるし、どうかなぁと思ってました。が、大丈夫でしたw つぅかこんなに声が良いなんて知らなかった。これなら笹様(はぁと)とか呼ばれても許せる気がする。アタシは呼ばないけど。木村佳乃のハジケっぷりも爽快です。なんとなくこのひとには親近感を覚えるので、明るいキャラで演技をしてくれるとほんのり嬉しかったりするのでした。楽しい映画ですが、大爆笑していたのは明らかに年配のお客だけでした。うーむ。
posted by のりすけ at 10:53| 群馬 🌁| Comment(2) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。