2006年06月06日

劇場『アンジェラ』

監督:リュック・ベッソン
出演:リー・ラスムッセン、ジャメル・ドゥブーズ他
監督が直々に「ネタバレ厳禁」ってゆってたし宣伝文句もやたらと煽るので、何がどーなってるんでせう、と気になって居たんですが、評判はそれほどでもない感じ。なので観るべきかスルーすべきか悩んでおりましたですが。ファンタジーがやりたかったんなら最初っからそう言って欲しかったでつ(;´ω`) 小汚い男はひたすら見苦しいし、女の顔はひたすら怖いし、モノクロである理由もひたすら分からんし。アンドレ君が右手をポケットに入れっぱなしにしてる謎がずっと謎だったけど、パンフ読んだら答えが書いてありました。ジャメルさんの役者としてのトレードマーク(?)だとか。ちっとも面白くないよ・・・。意味の無い謎は織り込まれてない方がいいんじゃないかと思いますが。どうなんでしょう。でも鏡の前で「ジュテーム、ジュテーム」ゆうところは、もらい泣きしちゃいました;; そんなふーに愛を語ってさえいればとにかく満足なんでしょうか。そろそろフランス人に騙され続けるのも飽きてくるべきなんじゃないか。アタシってやっぱMなのかなw ・・・ここまでケチョンケチョンに言っておきながらネタバレしないというこの優しさ。惚れるといいと思います。

posted by のりすけ at 00:19| 群馬 ☀| Comment(6) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。