2006年06月18日

DVD『フリークス』

原題『FREAKS』 デジタルリマスターバージョン(モノクロ)
1932年(日本初公開) アメリカ
監督:トッド・ブラウニング
出演:ハリー・アールズ、デイジー・アールズ、オルガ・バクラノヴァ、リーラ・ハイアムズ、ヘンリー・ヴィクター、ウォレス・フォード他
“ハリウッド史上もっともスキャンダラスな作品”で、公開直後に上映禁止になったりなんかしたそうです。「差別を助長するから」等の理由で批判を受けたとか。でもちゃんと日本でも公開されたし、オリジナルネガもこうやって残ってた。“フリークス”とは、身体的にハンディキャップをもったひとたち、もうちょっと具体的に言うと、生まれつき手足が無いとか、体が大きく育たないとか、双子なんだけどお互いの体の一部がくっついている(シャム双生児)とか、そういったひとたち。見た目以外は健常者と変わらないのに、偏見のために見世物小屋のようなところでしか働く場所がなかった、という社会ですね。差別はイカンが、障害を持つひとが居るのは事実なのだから、そこから目を逸らしてはいけないし隠してもいけないということだ。やー、しかしフリーダさんもぜんぜん美人なのにな。ハンスったら超マヌケ。それ以上に結婚したその日から毒を盛るとゆークレオパトラも相当マヌケだ。カネのために殺人までやろうってのに相応の覚悟もしてなかった馬鹿だったワケだが・・・結末についてはひとそれぞれ。クライマックスあたりの画面は暗すぎて分かりづらかったけど^^; シャムの姉妹も断然美人だし、なんだっけ長い羽の帽子を買ってあげるよってゆわれてたひとも名前忘れたけど可愛らしかったじゃないですか。複雑な気持ちにはなったけど、観れて良かったと思う^−^

posted by のりすけ at 17:43| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『インサイド・マン』

監督:スパイク・リー
脚本:ラッセル・ジェウィルス
出演:デンゼル・ワシントン、クライブ・オーウェン、ジョディ・フォスター、クリストファー・ブラマー、ウィレム・デフォー、キウェテル・イジフォー他
なんつぅか、しばらく何が何だかわかんなくなってましたが、最後にはちゃんと理解できました。よかったぁw デンゼルさん、クライブさん、ジョディさんと並んでおりましたので、
 {(デンゼル=刑事)+(ジョディ=その補佐)} VS (クライブ=犯人)
という図式なんだろう、と勝手に思い込んでいました。まぁ半分くらいは当たってたワケですが、ジョディさんの腹黒っぷりは意外でした。決して負けを認めない、したたかな女。可愛くない女。ああ。この役は演じるひとによって観客に与える印象が様々になりそうだなぁ。映画観終わった直後のアタシは「このひとなんで出てきたんだろな」とか思ってました;; けどよく考えたらこのひと出てこないと、やっぱりイケナイんだろうな〜。あとはやっぱ犯行の鮮やかさですねぇ。唸るしかないっすね。アタシもいっぺんやってみたいと思うほどw 分け前はカネでいいから(;´Д`)

posted by のりすけ at 17:33| 群馬 ☔| Comment(4) | TrackBack(7) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『ポセイドン』

監督:ウォルフガング・ペーターゼン
出演:カート・ラッセル、ジョシュ・ルーカス、リチャード・ドレイファス、エミー・ロッサム、ジャシンダ・バレット、マイク・ボーゲル、ミア・マエストロ、ジミー・ベネット、アンドレ・ブラウワー、ケビン・ディロン、フレディー・ロドリゲス、ステイシー・ファーガソン他
72年のオリジナル『ポセイドン・アドベンチャー』から“豪華客船が超巨大津波で転覆しちゃうので、そこでなんとか生き延び脱出しようとがんばるひとたちの物語”というプロットだけ借りて登場人物を総とっかえしたもので、故にリメイクと言うよりかなり別物なストーリーなのだそうです。そー言われるとそのオリジナルも観とかねーといけないんちゃうんか、と思っちゃいますよね。すみませんまだ観てません。何気に「オリジナルの方が人間模様がドラマティックだ」とか、ありがちな元ネタ崇拝的な評判だったりするみたいですが、これはこれでけっこう見ごたえありましたですよ。CGもがんばってるし。エミー・ロッサムが思ったほど可愛くなってなくて残念でしたがw というか観終わったらけっこう疲れてました。すんごい迫力の衝撃映像が畳み掛けるよーに、しかもわりとリアルに現れてきます。心臓の弱い人はご注意ください。心臓が弱くないひとなら決して飽きないでしょう。大パニックの中で、ふと「パニクったひとから順番に退場していくのがセオリーだよな」と気付いてしまったので、結果的に泣き所がありませんでしたw そーゆー意味では微妙な映画だったかもしんない。泣けるところがあってしかるべきであろう、と。カート・ラッセルのクールな父親っぷりも十分な貫禄でしたが、まるで『アルマゲドン』。泣けない。残念。

posted by のりすけ at 17:25| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。