2006年07月14日

DVD『007は二度死ぬ』

1967年
原題:『007/You Only Live Twice』
監督:ルイス・ギルバート
出演:ショーン・コネリー、ドナルド・プレザンス、丹波哲郎、浜美枝、若林映子、他
日本を舞台にした異色作とのことで、ナンチャッテ日本庭園は出てくるわ忍者もどっさり出てくるわで、正直この監督でなんで平気なの? と心配してしまった前半部分ですが、後半のチャンバラ(?)シーンがいわゆる変身ヒーローモノの特撮ちっくな部分があって、ああそうかそーゆーもんだと思えば全然アリだ、と思った。そのおかげかどうかはともかく今回のボンド君は何故か「ケンブリッジで習った」と言い張るたどたどしい日本語にうっかり母性本能を目覚めさせられそうなほど影が薄いんですが、丹波哲郎が濃いからわりとバランスとれてると思う。彼は何気に日本人離れした眉毛と声で、しかも英語をちゃんと勉強していて台詞もまったく遜色ない、更にアクションもドンとこいとゆー、今でもビックリするくらい“できた”スターであったのでした。ビックリした。まじでビックリした。一方日本の女優陣は英語ができて演技もできてしかも泳げて、というのがひとりも居なかったという萎え背景。無理しないでも良かったのに。って言いたいくらい特典映像のインタビューでは暴露されまくりんぐ(;^ω^) とりあえず選んだ2人の女優をイギリスに拉致監禁(?)して英語の短期集中特訓をやったそうな。さらに日本ロケではファンやらマスゴミやらに連日追い立てられ、出演者及びスタッフはプライバシーが全くなかったとか。当時の民度って(;´Д`) いや今はどうか・・・そおゆう現場行ったことないから分かんないです。そんなこんなでちっともストーリーに触れるとこがなさげなんですが気にせずネタバレ。敵の秘密基地にはホント驚いた。阿蘇山には行ったことありますが、普通ならあんなに近づけませんからねw 発想がとんでもねー。活火山だってのに。ねえ。その基地の中身もビックリ。高さ40bのセットを100万ドルかけて作ったとか。ヘリの出入りも本物のヘリで撮っちゃうくらいの代物。もうホント狂ってる。で笑ったのが、そこへ侵入する忍者部隊に本物の日本の武道家も居たんだけど、40bの高さからロープで下に降りるスタントはできなかったんだとw 折角の見せ場なのに、スタントマン100人でやったってw テラナサケナス(´・ω・`) それにしてもアメリカとロシア(当時は“ソ連”)に戦争を起こさせたいだけで両国の衛星を爆笑必至の手法(“あーんぐり!”)で捕まえるって、なぁ。洒落にならん金かけてw この親玉も相当ワケが分かんないね。

posted by のりすけ at 00:27| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『隣人13号』

2005年
監督:井上靖雄
原作:井上三太
出演:中村獅童、小栗旬、新井浩文、吉村由美、他
原作の漫画は読んでませんが、スゴイ物語ですね〜。まーなんつうか気持ち悪い映画でした(褒め言葉)。獅童くんも言ってたけど、「オススメしません」(褒め言葉)。R-15ですが性的描写というよりは(あるにはあるけど)、単にグロいです(褒め言葉)。アレがあんなんなってんのとか、うきゃーーー!!って村崎くんが叫びたくなっちゃうのも分からんでもない(褒め言葉)。ところで映画とはまったく関係ない話になっちゃって申し訳ないんですが、俳優や監督なんかが立って並ぶ場面って、まぁアタシは特典映像でしか観たことないんですけど、そこでそのぅ、なんですか、身長が気になるのはアテクシだけでしょうか。小栗くんが中村くんよりちょっと背が高くてシビれました。いや、厳密に言うとどっちも射程範囲外なんだけどさ(何様)。やっぱ背は高い方がいいし。まぁイイからといってどうというワケでもないんデスガ。ごめんなさい。えーと、映画を先に観て原作を読みたくならないというのはなんでかしら。なんでか“ドラゴンボールの実写映画化が待ち遠しいなぁ”と思いましたマル

posted by のりすけ at 00:15| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。