2006年07月20日

劇場『レイヤー・ケーキ』

監督:マシュー・ヴォーン
出演:ダニエル・クレイグ、コルム・ミーニィ、ケネス・クラナム、ジョージ・ハリス、ジェイミー・フォアマン、シエナ・ミラー、マイケル・ガンボン、他
次期ジェームズ・ボンドであるところの我らがダニエル・クレイグですが、主に「若造」って呼ばれてて役名というのがどこまでいっても(エンドロールででさえも)明かされません。イングリッシュ・スピーキングって普通なら高確率でセリフの後に相手の名前をつけるもんだと思ってるのにw 今回のに限っては、ダニエルさんに向けられたセリフだけは、まるで日本語のよーに主語が曖昧だったりしてます。ていうか“ヘイ、ボーイ!”とか呼ばれてるダニエル何歳だよw って調べたら驚きの30代。うそん! あのおでこのシワで?!?! てっきり四捨五入で50とかそおゆう勢いなのかと思った。撮り方の問題?素性も年齢も明らかでないとゆー設定だから?それとも素?w とにかくちっとも若く見えないのに「お前は若く賢い」とかアンタ、正直ひきましたよ。どうしましょう。それと、アクションも当然どっさりやるんだろうと勝手に思い込んでたらそうでもない。けど、ところどころお笑いシーン?があって、一部の観客(外国人が多かったです)は「がっはっはー」「ひゃっひゃっひゃー」ゆってました。そおゆうシーンに限ってあんまし分かんないのはアタシくらいなもんでしょーかorz とりあえず登場人物がほとんど男でむさ苦しいし、死にまくるし生首は出るし、状況はわりと酷いんだけど嫌味な感じになってなくてよろしかったと思います^^



ちょっぴりネタバレ妄想
posted by のりすけ at 16:05| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(17) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。