2006年08月21日

劇場『ユナイテッド93』

監督:ポール・グリーングラス
2001年9月11日朝、詳細な説明は省きますが、ハイジャックされた4機のうち、テロリストの目標に到達できなかったと思われる唯一の機体、ユナイテッド航空93便を巡る“ドキュドラマ(Docu-Drama)”。ユナイテッド93に乗ってたひとたちは全員死亡してるから全員俳優(ただしあんまり顔が売れてないひとたち)なんだけど、当時の正にそのとき地上でアタフタしてた管制官や軍関係者として本人役「As Himself」で出てたひとがけっこう居る。すごい臨場感、すごいリアリティ、すごい緊迫感、すごい混乱ぶり、すごいショッキング。ハイジャックされた機内での悲壮感がバリバリ伝わってくる。正直、後半はちょっぴり震えながら観てました。おうち帰ってマッタリしてたら泣けてきた。。。犯人側の情報は少なかっただろうけど、無闇に悪人っぽく描いていなくて、彼らは彼らで一心に彼らの神に祈りながら大変なことをやってのけてしまっていた、といった感じ。あくまでも“そこんとこって実はこうだったりして!”と言っているだけの映画である。事実は小説より奇なり、とは言え恐ろしい。できごととしては5年前のことだけど、こうもリアルに再現されてしまったものを映像で観るのは初めてなワケで、やっぱりこれはとんでもなく有り得ないできごとだったんだ、と改めて感じたし、何年も経った後で観ても同じように衝撃を受ける内容だと思う。興味のないひとにこそ勧めたい。

posted by のりすけ at 00:29| 群馬 ☁| Comment(9) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『太陽』

英題:『The Sun』
監督:アレクサンドル・ソクーロフ
出演:イッセー尾形、桃井かおり、佐野史郎
パンフレットが1000円もするので超びっくりした。何様のつもりだロシア人。でも彼らじゃないとこーゆー映画作れないんだろうなぁ、、、感謝してます。あとイッセー尾形にも。間違いなく、他の誰にもできないことをやってのけたワケで、凄いと思う。昭和天皇の顔はもちろん知ってるし、似てると思ったけど、表情が変わるところってまず見たこと無いんですよね(;´ω`) それを差し引いても変人すぎやしませんかw と思いましたが。ん〜、お話の背景はねえ、だいたいみんな知ってるからさあ、目新しいことと言ったらイッセー尾形の一挙手一投足しかないんだけど、BGMは空襲みたいな音がするだけだし、無言の時間がすごく長いし、視点の切り替えがなんか変だし、寝たい人の気持ちも良く分かる。しょうがないので「イッセー尾形のひとり芝居ってやつもこんな感じなのかなぁ」「いやセリフとかもっと色々あるだろう」「それも楽しいお話で笑える舞台だろうし」とか考えたりしてました><; そんな感じで予想以上に地味だったんだけど、お客は超満員。ほとんど毎回立ち見が出てたっぽい。アタシは観ようと思ってた回を諦めて次のを買ったら整理券が86番。やっぱみんな興味あるんだね^−^

posted by のりすけ at 00:25| 群馬 ☁| Comment(6) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『ハードキャンディ』

原題:『Hard Candy』
監督:デイヴィッド・スレイド
出演:パトリック・ウィルソン、エレン・ペイジ
“ハードキャンディ”という言葉の意味は興味のある方は調べていただければよろしいかと。映画の公式にも載ってそうだけど。んで、まぁ、30代前半のおにいさん(と呼びたい乙女心をどうかお許し願いたい)と、ひと癖もふた癖もありそうな14歳の少女が出会いサイトで出会うところからお話が始まるんであります。で、すったもんだがあって、わりと衝撃的な結末を迎えると。どこを拾ってもネタバレ若しくはグロ若しくは18禁(映画自体はP-15)なので書きにくいんですが、んー、ロリコン=犯罪者じゃあないけど、少女つっても女の子はオトナになるのが早いからね。多感で優等生なお年頃の子が本気出したら、大の大人もこの有様です。しかし、嗚呼、もしかしたら男の人たちは股間を押さえつつ観ているのかもしれない、と思ったらちょっと怖くなりました。。。しかし彼女はアレって何をどうやったんだろな・・・うーぬ・・・でもあそこまでやっといて・・・いや、あそこまで至らせるために、かな。長いフリだわw それにしてもこの子の将来が怖いっすね。まぁオトナになったら流石にやらないんじゃないかなぁ、とは思うけど。つか何人もそんなことやってたらそれこそ「凶悪犯」扱いで訴えられそうだ。被害者の会みたいの作られたりしてw もちろん、ロリコン且つ犯罪者は世の中から消えてなくなって欲しいと思ってますよ。でもコレばっかりはちょっとね、男に同情しちゃうかも;;

posted by のりすけ at 00:19| 群馬 ☁| Comment(2) | TrackBack(13) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『紙屋悦子の青春』

監督:黒木和雄
出演:原田知世、永瀬正敏、松岡俊介、本上まなみ、小林薫
黒木和雄監督の遺作だそうです。だからなのかどうか知らんけど、おぢさんおばさんばかりの満員御礼状態でした。まー戦争のお話だしね、若者にはウケよーが無いわね。えーっと、ストーリーは普通に良いと思うし感動するんだけど、なんつぅか作りがいまいち嘘くさいというか説教くさいというか不器用というか、そんな直球過ぎるセリフじゃなくていいのに、みたいな部分が多かった。まず冒頭の老人メイクな原田知世が無理すぎて開いた口が塞がらないで困ってたら早速イビキが聞こえてきて、どうしたらいいんだ。って悩みました。じじーばばーはシニア料金(と言っても1500円)だからいいんか。そうか。まぁ後半になってくるとすすり泣きの音とイビキの大合唱になるわけだが。長い長い不快感長回しシーンが終わってやっと話が始まったと思ったらときどき戻ってくる。青春シーンは役者がみんな若いこともあって(?)生き生きしてるし笑いどころもあったりしてイイ感じなのに・・・むしろ老人シーンイラネと思ったのはアタシだけですかそうですか。まぁ文句言ってもしょうがないんだけどね、監督は故人だし。しかし原田知世と本上まなみが同い年という設定は流石にどうかと。本上まなみファンは何か言ってやったら?w

posted by のりすけ at 00:16| 群馬 ☁| Comment(4) | TrackBack(9) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『007/死ぬのは奴らだ』

1973年
原題:『Live and Let Die』
監督:ガイ・ハミルトン
出演:ロジャー・ムーア、ヤフェット・コットー、ジェーン・シーモア
ロジャーさんの印象は、ショーン・コネリーよりイギリス人の典型っぽくて紳士度は高いけど、愛嬌が足りないと思いました。眉毛と下まつ毛の濃さが眼力になっていたのだなぁ、コネリーは。マニーペニーは本当に良い子ですね。で、えーと、今回アメリカはニューオリンズが舞台とゆーことでBGMにジャズがかかったりしてノリノリなんですが、そのノリノリな勢いのまま人が刺されたり、ボートが川を跳んだと思ったらパトカーに刺さってみたり、ボンド君がワニの沼に飛び込みそうになってみたり、といつも通りのアレです。あの頓狂な白人警官、良いキャラしてましたねー^^; あ、で、そのワニの沼なんですが、できあがりのシーンはわりと当たり前にひょいひょいっといっちゃってるんですが、メイキングみたら背筋が凍ったデスヨ! このシーンは、お腹を空かせたワニがどっさり潜んでる沼の真ん中の小島に(罠で)取り残されたボンド君が、都合よく向こう岸まで並んだワニの背中をひょいひょい飛び移りつつ逃げおおせるとゆーマンガのよーな場面。ホントはね、このワニ園の本物の持ち主さん(スタントマンではない)が、ボンドの衣装着て、本物のワニの背中をガチでぴょんぴょん飛んで渡ったということなんですね。ゴム人形とかじゃなくて、本物のワニさんたち。おじさんがワニの背中に向かって足を下ろすより先に、ワニの方が察知して口をガーーー開けておじさんをがっぷり逝こうとするのよ!! 画像で観たら超っっこえええ! ワニの足を繋いで固定してるから口はおじさんに決して届かないんだけど、いかんせんワニの背中だからぐにーってなるからバランス崩すのよ。おじさん超真顔だし! 超食われそうになってるし!!! よくこんなことやったよねマジで。今ならぜってーできねーシーンは他にもありましたです。珊瑚は大事にしないといけませんね。時代を感じますw といったあんばいで例によって例の如くストーリーは良く覚えてないんですが、ああそうだ、BGMが妙に少なかったというか大人しかったのよ。で、箱の裏側をよく見たら「全編ポール・マッカートニー作曲」って書いてある。あーそう言われてみればソレっぽい曲かもー。イギリス人だったら100%ジェームズ・ボンドに合うかっつったらそうでもねーってこともあるだろな。って思ったのはアタシだけでしょうかね。

posted by のりすけ at 00:12| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。