2006年09月11日

劇場『X-MEN ファイナルディシジョン』

原題:『X-MEN The Last Stand』
監督:ブレット・ラトナー
出演:ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリー、イアン・マッケラン、ファムケ・ヤンセン、アンナ・パキン、ケルシー・グラマー、レベッカ・ローミン、ジェームズ・マーズデン、ショーン・アシュモア、アーロン・スタンフォード、ヴィニー・ジョーンズ、パトリック・スチュワート、ベン・フォスター、ダニア・ラミレス、エレン・ペイジ、キャメロン・ブライト他
『ファイナル』っつってるのは邦題だけなのね。原題の意味は微妙に分からんのだけどw 少なくとも“最終章”という意味合いではないはず。いやあしかし、ビックリドッキリな展開でしたね。息つく暇もないと言うか、子供だましだけではない手に汗握るシーンの数々。正直、CGとかVFXとかが派手すぎてお腹いっぱいな気分も無きにしも非ず、ですが。つぅかファムケさんが怖い。特殊メイクや画像処理は当然やってるんだけど、強烈に怖い。前作とか知らないと、なんでウルたん(ウルヴァリン)はこのオバハンのこと好きなの? って思っちゃうかもしんないw そしてそんなダーク・ファムケさんにあっさりやられてしまうスコットくんが不憫でなりません。原作だとフツーにX-MENのリーダー張ってんのに(原作は読んでないけど)、映画版では完全にウルたんと立ち位置が逆です。やっと素顔が露わになったと思った矢先に・・・です。涙無しには語れない。あと“ミステリアス子役”をやらせたら右に出るものが居ないっぽいキャメロン君がちゃっかりココにも。あんたどんだけ「キー素材」やったら気が済むんだw(『ウルトラヴァイオレット』でも似たよーなことやってましたね)(『記憶の棘』も楽しみです) さて問題のラストシーンですが、またサクッと続編が出そうな悪寒。更に続編でなくてスピンオフっていうのかな、ウルヴァリン単独の物語でしたっけ? が作られるのが決定らしいので、つまりちっとも『ファイナル』じゃあないんですね。ほんっとハリウッドは続編がお好きですこと。楽しみだけど網羅するのが面倒になる前に終了してくださいよぅ(;´∀`)

posted by のりすけ at 10:29| 群馬 ☁| Comment(4) | TrackBack(6) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『007/黄金銃を持つ男』

1974年
原題:『007 The Man With the Golden Gun』
監督:ガイ・ハミルトン
出演:ロジャー・ムーア、モード・アダムス、クリストファー・リー、ブリット・エクランド他
30年前のクリストファー・リーがステキに若いw 彼の定番のドラキュラものはそのうち観るつもりですが、ほんっと悪役が似合うんだね。声が良くて背が高くて、カッコイイ悪役ってイイヨネ。でストーリー展開は相変わらずなんですが、前作に出てたオモシロ白人警官がまた出てて楽しかった。ほんっとイイキャラしてるわ〜^^ 途中から奥さん放っぽって何やってんだって感じですがw あと車に羽根つけて飛行機になって敵が逃げちゃうとゆーシーンがあるんだけど、またトンデモマッスィーン登場か! と思ったらちゃんと「飛行機になる車」ってのが存在していて超ビックリ。しかも「模型だろ(プゲラ」って言っちゃうくらい変な飛び方するの。ホントにおもちゃみたいに、ぷいっ! って浮くし。なんなんだあれ。やっぱ金持ちの道楽なんだろかw ていうかさあ、純金で銃作るのはいいけど、撃ったら衝撃で歪んだりしないの? 金って柔らかいんじゃなかったっけ?? まぁいいや。そろそろオチで「女とイチャイチャしたいがために他の仲間とかをちょっと無視してみる」っていうパターンが飽きてきたのはアタシだけですかねw

posted by のりすけ at 10:22| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『キンキーブーツ』

監督:ジュリアン・ジャロルド
出演:ジョエル・エドガード、キウェテル・イジョフォー、サラ=ジェーン・ポッツ、ジェミマ・ルーパー、リンダ・バセット、ニック・フロスト他
すんごいですよ。『インサイド・マン』で地味ィにデンゼル・ワシントンの部下をやってたキウェテル君がド迫力ドラッグクイーンに大変身ですよ。インパクトだけでずきゅううぅぅんん! けっこうイイ女になってますw ただ、ステージで歌ってる姿は(歌はまぁうまいけど)、いまひとつでした。普通、突っ立ったまま歌うってこたあねえよな。なんか振り付けらしきものとか足でリズムをとる仕草のようなものとか、なんかするよな。歌詞にいっぱいいっぱいになってるワケぢゃないよね?w ってちょっと突っ込み入れそうでした。媚びない態度という意味ではアリなのかなぁ。まぁドラッグクイーンてやったことも見た事もないから分かんないけど。あと“服装倒錯者”ってのがよくわかんない。ゲイではないってこと? でも「そのケもある」とか言ってたよね? よくわからん。女の格好をしたいだけで女になっちゃうつもりはないのか。よくわからん。けど、あのブーツは履いたらなんか、気が大きくなるよーな気がするのは分かるわぁ(;´∀`) 吹っ切れてるもんな、ブーツが。アレにドレス合わせてビシっと決めたら、流し目のひとつも投げてみたくなるってもんだ(;゚ω゚) やー、とにかく、面白かった! 大行列を並んだ甲斐がありました☆

posted by のりすけ at 10:17| 群馬 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。