2006年12月15日

劇場『武士の一分』

監督:山田洋次
出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、岡本信人、左時枝、綾田俊樹、桃井かおり、緒形拳、赤塚真人、近藤公園、歌澤寅右衛門、大地康雄、小林稔侍、坂東三津五郎、他
チャンバラ映画かと思ってたら、ラブストーリーですた。奥さんが色っぽくてステキですね〜。あんだけ美人で良く出来た妻なら狙われて当然です。アタシだって欲しいくらい(?)。チョンマゲも裃もちっとも似合ってないキムタクはどうでもいいけど、お手伝いのおじさんとか親戚のおばさんとかがちょっと面白くて雰囲気がとってもよろしかったと思います。ストーリーも単純だし人間関係も分かりやすい上にとっても丁寧に出来事を語ってくれているので、すんなり感情移入できるし、鼻をかんでて話聞き逃したとかゆって困っちゃうこともない。親切設計。しかも極悪上司が殿様ばりの貫禄で迫力満点w で、結局ハッピーエンドなんだ。うん、まぁ、いいんじゃないでしょうか。ラブストーリーだし。

posted by のりすけ at 09:22| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『硫黄島からの手紙』

監督:クリント・イーストウッド
出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕木奈江、他
『父親たちの星条旗』と対になる、“日本から見た硫黄島”。二宮くんが幼すぎて気持ち悪かったです。演技の評価はわりと良いみたいですが、あの顔で妻子持ちだなんてのはワタシ的には納得いかないw あと中村獅童がハマり役だ・・と思ったら最後中途半端に生きてたのがよく分からん。つーか生き残ったっぽい2人はその後どうしたんでしょーか。アメリカ側はわりとそのあたり丁寧に描写してたっつーかかなりドキュメンタリー仕立てだったけど、今回は硫黄島で起こったことだけしか描かれていません。国家がどうだったとかそおゆう感じよりも、もっと家族を思う気持ちとかが強調されているような。あの手紙がほとんど家族宛てだし。やっぱ「鬼畜米英」って言ってたくらいだから、相手にも家族がいるし血が通った人間なんだってことに気付いたときはそれなりにショックだったんでしょうね。おれら何と戦ってるんだ? みたいな。ああ、やだやだ。ラスト、閣下が先頭に立って突撃するところは「ラストサムライ」を思い出した。ちゃんと自害するところまで同じというか、やっぱサムライは「敵にやられるくらいなら腹切ります」が常識だったんですかねぇ。そりゃあ自殺するのも勇気がなきゃできないけど、敵前逃亡とどう違うんだ? って思えなくもない。最後まで戦えって言ってた張本人がなんで? なんだかんだ言って日本人だからでしょうか。何かを託す若者がそこに居たからでしょうか。

posted by のりすけ at 09:19| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。