2007年01月23日

劇場『マリー・アントワネット』

監督:ソフィア・コッポラ
出演:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン、アーシア・アルジェント、マリアンヌ・フェイスフル、ジュディ・デイヴィス、リップ・トーン、スティーヴ・クーガン、ジェイミー・ドーナン他
えーと、あんまり期待してなかったんだけど、それ以上にどうでもよかったっつうかなんつうか。衣装もすごいし、本物のヴェルサイユ宮殿でロケしたらしいし、えっらい金かかってそうだけど要はそのすごいのを見せびらかしたかっただけ? 色んなドレスやアクセサリーやお菓子をいっぱい並べてアハハウフフって遊びたかっただけ? みたいな? 基本的にマリー・アントワネット周辺の史実を知ってるひとぢゃないとワケわかんないあたりからしてどうなんだ。予告とかCMで雰囲気だけ見てやってきたっぽい女子中高生たちを救ってやる気はなかったのかと。ナレーションも皆無だし、『ベルサイユのバラ』の知識しかないアテクシとしても物足りない。キルスティンがちっともマリー・アントワネットのイメージに合ってないとかいうのはこの際、つぅか予告観たときからずっと「ありえねえ」って思ってたけどとりあえず置いとくけど、いくらなんでも説明不足だと思った。つまり何が言いたいのだと。処刑まで描くでもなく、歴史の勉強をするでもなく、そおゆう背景も説明せずに何を見せたかったのだと。やたら監督が持ち上げられてるのが理解できないのはアタシだけですか?

posted by のりすけ at 11:13| 群馬 ☀| Comment(4) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『リトル・ミス・サンシャイン』

監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス
出演:アビゲイル・ブレスリン、グレッグ・キニア、ポール・ダノ、アラン・アーキン、トニ・コレット、スティーヴ・カレル他
へんてこ家族の珍道中による心温まる物語。すんごく感動して涙じゃーじゃー泣くわけでもないし、すんごい強烈な教訓が混じってるワケでもないんだけど、ホンワカするのよね。バラバラでどーしよーもない連中だったのが、いつしかなんとなくまとまって“家族”っぽくなってってる。キャストの妙っつぅかなんなんでしょーな。ほっこりな雰囲気がイイ! 個人的に気になるのはお兄さんのキャラクターですね(やっぱり)。黙ったまんまで声が聞けなくておねぃさん寂しいわ〜と思ってたけどちゃんと復活してくれてヨカッタ^−^ でもこれからの夢はどうすんのかな。頭は良さそうだからどうにでもなるだんべけど。根性もあるしw あとおじいちゃん関連の心の整理をしてる暇がなかったのはカワイソウ(´・ω・`) まともな葬式やってやれるんだろか。でもなんかわりとサックリ解決しまくってるのはフーヴァー家の資質なのかも知れん。お父ちゃんと伯父ちゃんには、お仕事がんがれと言いたい。アビゲイルちゃんはあのお腹引っ込めば普通にカワイイよね。って思ったらボディスーツを着ていたそうでつ。あらやだ余計なお世話でしたわねホホホ。

posted by のりすけ at 11:11| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『ディパーテッド』

原題:『The Departed』
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグ、マーティン・シーン、レイ・ウィンストン、ビーラ・ファミーガ、アレック・ボールドウィン、アンソニー・アンダーソン他
香港映画『インファナル・アフェア』のリメイクだそうですが元の方は観てません。久しぶりにディカプリオ観たなぁ。いつ以来だ。『アビエイター』かな? 相変わらず童顔なので凄んでもあんま怖くないし(童顔だからではなくてビリーの心が清いからです)、「ピーンチ!」な顔をされると本当にドキバクするw 対してコリンはピンチでもソレを顔に出せない状況だから頭をフル回転させて窮地を乗り切るとゆー感じなので、可愛げがない(;´Д`) でもどっちもカワイソーだね。つか冒頭に出てくる少年はホントにマットそっくり。よくぞ見つけたもんです。マユゲも鼻筋も生意気なほどクリソツ。で肝心のラストシークエンス、微妙に分かりづらいんですが! アタシだけでしょうか! 最終的にあの口の悪いディグナムさんはどおゆう立場だったんでしょうか! どの辺をどうやってどこまで知っていてあの行動なんでしょうか! 謎! 「結局みんな逝っちまう」あたりは何となく香港っぽいなぁと思ったんですけどそこんとこもどうなんでしょう。・・・わかってないのはアタシだけですか。そうですか。もっかい観たら分かりますか。DVDでいいですか(´;ω;`)

posted by のりすけ at 11:08| 群馬 ☀| Comment(5) | TrackBack(20) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『ダンシング・ハバナ』

2004年
原題:『Dirty Dancing 2:Havana Nights』
監督:ガイ・ファーランド
出演:ディエゴ・ルナ、ロモーラ・ガライ、セラ・ウォード、ジョン・スラッタリー、ジョナサン・ジャクソン、ミカ・ブレーム他
いやあディエゴ君ったら超キュート。ラテン男全開。10年後(の胸毛)が楽しみな逸材ですね☆ つってもダンスは微妙だなーと思ってたらやっぱ素人なのだそうで。あんな猫背なダンサーが居てたまるかっつう。んでもそこそこ様になってたんだからまぁ大したもんだ。つーかメキシコ人をハバナ生まれにしてみたりイギリス少女をアメリカ産にしてみたりと強引なキャスティングが謎。言葉の訛りはどうか知らんけど、プロダンサー若しくはキューバンボーイ+メリケンギャル、ってゆー、せめてどっちか取ろうよw 尤もロモーラさんのパツキンダイナマイトボデーはアメリカ人にしか見えないけど。ところで前作のジョニーことパトリック・スウェイジがダンスの先生役で出ててちょと感動。ステキです。ラテンばりばりの雰囲気にちょっぴり酔ってしまいそうですがエロかっこいい度は前作の方が上かなー。んでも世間知らずだったお嬢様がオトナの階段を登ってしまうあたりの描写はこっちのが丁寧な気がする。

posted by のりすけ at 11:03| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。