2007年02月07日

劇場『それでもボクはやってない』

監督:周防正行
出演:加瀬亮、瀬戸朝香、山本耕史、もたいまさこ、田中哲司、光石研、尾美としのり、小日向文世、高橋長英、役所広司、他
本当に腹の立つお話です。日本の裁判がホントにみんなこんなんだったら誰も裁判なんかやりたくないっすよ。つーか言いがかりつけたもん勝ちかよ! ありえねえだろ。女子中学生がカワイくてがんばってたから被告人は有罪だと?! 裁判官がそんなんだったら何のための裁判だよ! ふざけんな!!!11! ・・・・・た、胎教に悪いわね(;´Д`) そんなワケで、どこまでホントか分かんないけど、日本の裁判制度とかその辺の法律とかに興味を持ったりするのにとってもイイ教材になる映画なんぢゃないかと思いました。とりあえず瀬戸朝香は滑舌(なぜ変換してくれないIME)が悪いので小日向さんを見習ってください。その腹が立つほど素晴らしいカツゼツを。

posted by のりすけ at 17:56| 群馬 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。