2007年03月26日

劇場『蟲師』

監督:大友克洋
原作:漆原友紀
出演:オダギリジョー、大森南朋、蒼井優、りりィ、クノ真季子、守山玲愛、稲田英幸、李麗仙、江角マキコ、他
原作は、全部じゃないけど読んでます。ので、違和感なく蟲な世界に入り込めたけどやっぱりオダギリは好きになれんなw なんでヒゲ生やしてんだよ気持ち悪い。じゃあ他に誰ってゆっても誰も挙げられないからしょうがないんだけど。えーと、エピソード的には全部読んでないっつぅか覚えてないけど、虹を追いかける男の話はちょっと覚えてた。ああいう別れ方ぢゃなかったような気がするけど、この映画的にはイイと思いますた。パンフ見ると“いわゆる和製ファンタジー”みたいに書いてあるけど、今流行の洋モノファンタジーと比べると地味なのは否めない。悪者出てこないし、主人公だって超人じゃないし(特殊能力はあるけど)聖人君子じゃないし、戦闘シーンもなければ笑うところも泣くところもない。ただただ「在るべきものを在るがままに」しておくだけ。とにかく地味である。でも日本ってトコがそもそも地味なんだよね、って納得できればオッケーなんじゃないかとw 本編の前にゲゲゲのウエンツの予告を観たワケですが、妖怪と違って蟲はしゃべらないしあんまり暴れないっつぅことなんだね。ちなみに、鬼太郎とギンコの髪型がほぼ一緒とゆーのが微妙に気になったのはアタシだけでしょーか。鬼太郎はもっさり系でいいとしても、個人的にはギンコはもっとアッサリ系にして欲しかったw つーかどう見ても似合ってないカツラなのはしょうがないとしても、もうちょいしっくりくるように見せることはできんのかね。いまいち浮いてる感じがするのは何故なんだろう。2人ともw

posted by のりすけ at 14:08| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(15) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『ナイトミュージアム』

原題:『Night at the Museum』
監督:ショーン・レヴィ
出演:ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、カーラ・グギーノ、ディック・ヴァン・ダイク、ミッキー・ルーニー、ビル・コッブス、ジェイク・チェリー、リッキー・ジャーヴェス、キム・レイヴァー、パトリック・ギャラガー、ラミ・マレック、ミズオ・ペック、スティーヴ・クーガン他
これは掛け値ナシに、面白かった。「博物館の展示物が夜になると動き出す」という設定だけで波乱万丈のスペクタクルになっちゃうんですねー。前任の警備員のじじい3人というのが居るけど、これがひと癖どころかとんでもないエンターテイナーだったりするんだから目が離せない。アタシ的にはロビン・ウィリアムズ目当てなところがあったけど期待してた以上に面白すぎるし、ベン・スティラーってひとはあんまり知らなかったけど、ちょっと面白そう。これからは注目してみようかしら。息子はカワユイし、お猿さんも超キュートだし、骨の恐竜に至っては腹が捩れるほど愛らしいし、クライマックスにはほんのりとホロリもあったりする。誰を誘っても間違いない映画ですね。こおゆうの貴重ですねw まぁアタシはひとりで観たわけですが。ひとりでゲラゲラ笑っちゃっても恥ずかしくなかったからオッケー!

posted by のりすけ at 14:03| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『デジャヴ』

監督:トニー・スコット
製作:ジェリー・ブラッカイマー
出演:デンゼル・ワシントン、ポーラ・ハットン、ヴァル・キルマー、ジム・カヴィーゼル、アダム・ゴールドバーグ、ブルース・グリーンウッド、エルデン・ヘンソン、エリカ・アレキサンダー他
すごかった。手の汗が。いやあ、すごかった。冒頭のフェリーが大爆発しちゃうところで掴みは完璧にオッケーです。その後も何度か出てくる爆発シーンですが、「ちょ、そんな大規模にせんでもええんとちゃいますの;;」とかビビッてたのはアタシだけかしら。ただちょっと、CMで言ってたのが嘘というかミスディレクションだらけだったのが引っかかりましたね。日本向けのCMだけだと思うけどw をいをいダグは超能力者ぢゃねーぞ、みたいな。もうね、CM作る人が中身見てないのは許すとしてもね、妄想をそのまんまコピーにしちゃうのは止めて欲しいですね。相変わらずの字幕も(戸田奈津子だから)微妙にしっくりこないし。あの決め台詞はもうちょっとカッコ良くならなかったのか><; しかしタイムスリップしちゃうってのはドキムネですね! どんなに理屈を考えても「ありえねー」って思うのに、どこか期待してるのよね〜。



以下ネタバレおよび妄想。
posted by のりすけ at 13:56| 群馬 ☀| Comment(2) | TrackBack(12) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。