2007年03月30日

劇場『フランシスコの2人の息子』

英題:『Two Sons of Francisco』
監督:ブレノ・シウヴェイラ
出演:アンジェロ・アントニオ、ジラ・パエス、マルシオ・キエリンギ、チアゴ・メンドンサ、パロマ・ドアルテ、ジャクソン・アンツネス、ナターリア・ラジェ、ダブリオ・モレイラ、マルコス・エンヒケ、ヴィゴル・リマ・ウェルソン、ジョゼー・ドゥモン、リマ・ドアルテ他
“ブラジルが誇るトップミュージシャン、「ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルシアーノ」誕生の実話に基づく物語”だそうです。ブラジル映画ですね。ド田舎の貧しい農家の父さんが、何故か音楽が好きで、何故かぽこぽこ生まれる子供たちをどうにかこうにか食わせながら、「子供たちに小作農をやらせたくない、いい暮らしをさせたい」という一心で息子たちにアコーディオンとギターを持たせて歌を覚えさせて<<中略>>ラジオ局に息子の曲を持ち込んで更にあり金はたいて偽名や仕事仲間を使って電話かけまくってリクエストしまくり、おかげで大ヒットに繋がって息子たちは超売れっ子になりました、という物語。厳密に言うと“2人の息子”でいいのかどうか疑問なんだけど、その辺も含めてけっこうイイハナシダナー( ;∀;) いつだったか、とある人が「芸術をやるひとってのはそもそもどっかおかしいんだよ」と言ってましたがw この父さんは自分ではやらないけど、その真面目な変人っぷりが憎めないよね。子供にいい暮らしをさせたければそんなに産ませるなっつう話なんだがw まぁブラジルのお国柄ってのも正直分かんないし、これはこれでアリなんでしょう。いや、お国柄以上に父さんが変人なんだけど。

posted by のりすけ at 16:45| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『ホリデイ』

監督&脚本:ナンシー・メイヤーズ
出演:キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジャック・ブラック、イーライ・ウォラック、エドワード・バーンズ、ルーファス・シーウェル、ミフィ・イングルフィールド、エマ・プリチャード他
ジャンル的には、ロマンチックコメディというのだそうだ。相変わらず面白かったよジャック・ブラックw まぁそこは置いといても(!)、面白かった。ありきたりじゃないっつぅかその“ホーム・エクスチェンジ”、やってみたいかも! って思えるのがイイよね。旅願望が沸いてきそうw ただキャメロン・ディアスとジュード・ロウが個人的にあんまり好きじゃないので(単純に顔が)、そっち側のお話はあんまりじんわりできなかった感じ。どっかの誰かみたいに体から始まった関係だから(しかも酔った勢いで・・・あイタタタorz)、ってのが関係あるかどうかはともかく、なんつうか、もっと繊細で暖かい感情を持って然るべき設定なのに「で結局そうなるんでしょ?」みたいな冷めた目で見ちゃった。無駄に感情移入できてしまったせいかもしんないけどw なんかイタイわw まーアタシならアイリスほどお人好しになれないし、騙されたりなんかしたら絶対アマンダみたいに殴っちゃうと思ったワケです。あ〜、いいよね〜おうち取っかえっこ。惜しむらくはワタシが日本語しかしゃべれないこと、じゃなくてひとり暮らしじゃないことか。ちっ。

posted by のりすけ at 16:41| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(13) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。