2007年04月23日

劇場『不都合な真実』

原題:『An Inconvenient Truth』
監督:デイビス・グッデンハイム
出演:アル・ゴア
“一瞬だけ大統領になった男”が、地球温暖化について熱く語っております。正直言って地球、まじやばい。っていう話。日本も環境破壊だなんだと時々話題になりますが、何を隠そうアメリカ人が世界で一番CO2を排出しているってゆーのだ。中国もまだまだだってゆーのだ。そこが一番驚いた。何でも一番ぢゃなきゃ気が済まないって言ってもそこはどうなの。って笑い話にしちゃアレだけど、とりあえずブッシュは親子揃って笑い話にしたいらしい、とゆー感じにこのドキュメンタリーでは映っているよーに見えた。まぁ環境問題よりも戦争の方が好きみたいだしぃ。でもパンフレットの最後のページに書かれている「(地球温暖化に対して)私にできる10の事」は微妙にめんどくさいw というか、私たち一般庶民にできることって実に微々たるものなんだなぁ、と改めて思い知らされる。もちろん、だからこそひとりひとりが気持ちを切り替えないといけないよって言ってるワケだけども。あ、それとゴアさんは「環境問題を意識した活動のできる政治家を選びましょう」とも言ってたね。何気にそこが一番大事だw

posted by のりすけ at 21:30| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『スターウォーズV/シスの復讐』

監督:ジョージ・ルーカス
出演:ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクディアミッド、サミュエル・L・ジャクソン、ジミー・スミッツ、クリストファー・リー、アンソニー・ダニエルズ、ケニー・ベイカー、テムエラ・モリソン、アーメッド・ベスト、ピーター・メイヒュー他
ちょ、感動したじゃないですか。これってアナキン=ベイダーの物語だったのね! まるで悲劇のヒーローぢゃないすか。その後のオビ=ワンの運命とダースベイダーの末路がより切なくなりますね(´;ω;`) こりゃーもっかい旧3部作を観なきゃいかんかも。しかしてんこもり特典までガッツリ観たらすごい勢いで体力を削られてしまったのはワタクシだけでしょーかw 座りっぱなしでヒザがぴきぴきゆってるし;; いあ、それだけ語りたくなっちゃうくらいな壮大なお話なのは確かにそうだけども。スターウォーズに初めて出会ったときの印象とか年齢とか想い続けてきた年月とかいろいろ重なってるひとはきっと足も痺れないのだと思います。ところでC3POがこの時期から金ピカになった理由ってどっかに説明ありました?w まぁアタシはR2-D2ひと筋なのでどーでもいいっちゃあどーでもいいけど。

posted by のりすけ at 21:20| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『スターウォーズU/クローンの攻撃』

監督:ジョージ・ルーカス
出演:ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクディアミッド、ペルニラ・アウグスト、アンソニー・ダニエルズ、サミュエル・L・ジャクソン、クリストファー・リー他
今回もR2-D2が絶妙な活躍をしてくれてておねいさんとっても嬉しいわ♪ 正直それだけでもいいんだけどアナキンの暗黒面が見えてきたり、ダースベイダーのテーマが流れたりと続くお話を想像できたりしてハラハラするぜ! つーかアナキンとパドメって歳の差いくつですか? 常識的に考えて10歳以上離れてね? 羨ましくね?(あっ) ところでワタクシはエピソードVの予告でヨーダが飛んでるのを観て、やべえDVD観なきゃと思ってWXYトリロジーBOX買ったワケですが、実はエピソードUからヨーダ飛んでたのね。つーかアレだ、ヨーダは体が小さい分飛び回ってカバーするという戦法なのね。ヨーダかっこいいよヨーダ。クリストファー・リーもカッコイイけどアクションはほとんど影武者がやって、CGで顔すげかえたのだそうだ。歳だもんしょうがない。それにつけても“クローンの攻撃”というサブタイトルにしては、クローンじゃない戦いもあっちゃこっちゃでやってるもんだから、クローン戦隊が登場したことの重要性がいまいち良く分からなかったんですがアタシだけでしょーか。V観れってことですか。そうですか。

posted by のりすけ at 21:10| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

劇場『ブラッド・ダイヤモンド』

監督:エドワード・ズウィック
出演:レオナルド・ディカプリオ、ジャイモン・フンスー、ジェニファー・コネリー、カギソ・クイパーズ、アーノルド・ボスロー、アンソニー・コールマン、デイビッド・ヘアウッド、ベイジル・ウォレス、ジミ・ミストリー、マイケル・シーン
血塗られたダイヤモンド・・・ダイヤモンドの全てが血まみれではないにしろ、十二分にダイヤモンドを買う気が失せるお話ではある。なんでだろうねぇ、何も苦労しない金持ちの白人がダイヤ買って、その金で黒人たちが泥まみれで内紛してんの。なんで子供たちまで武器持って暴れなきゃなんないんだ。なんでどうにもできないんだ。不思議でならない。そんなふーに真面目に考えてると目の前のディカプリオの演技も気にならないんで、つまり彼が未だに賞を取れないのはそーゆー理由なんぢゃないかと今回は思った。ノミネートされるだけあって素晴らしい演技だと思うけどね。とりあえずジェニファーさんとラヴな関係になってなくて良かったでつ。「ダニーの最後の決断」が重要らしいんでネタバレしませんが、何と言うか意外には思わなかったな。目的のためには手段を選ばない非道な人間ってことになってたけど、どーせホントはそうじゃないんでしょ? って思ってたしw 主人公だし。ディカプリオだし。それにつけても実に“重苦しい過去を背負った青年”が似合うひとだなぁ。

posted by のりすけ at 08:54| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(17) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『プロジェクトBB』

監督:ベニー・チャン
出演:ジャッキー・チェン、ルイス・クー、マイケル・ホイ、マシュー・メドヴェデフ、カオ・ユェンユェン、シャーリーン・チョイ、テレサ・カーピオ、クー・フェン、チェリー・イン、キャンディ・ユー、チェン・バオグオ、ユン・ピョウ
香港映画かと思ってたら、中国+香港の合作なのだそうで。ジャッキーは劇中で広東語と北京語を使い分けておったそうな。わかんねーよ。いやしかし面白かったね。流石ジャッキー映画と言えるんじゃないでしょーかね。ホントに歳を感じさせないアクションにコメディまでついてお腹いっぱいですよ。男前成分はルイス・クーが担当ですが、やっぱりジャッキーの方が良いトコ取りでつw とにもかくにも赤ちゃんがむちゃくちゃカワイイ。しかも良い演技っつーか良い表情してくれちゃってるんだこれが(;´Д`)ハァハァ いいなぁ、ああいう子がいいなぁ。

posted by のりすけ at 08:51| 群馬 ☁| Comment(2) | TrackBack(10) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『スターウォーズT/ファントム・メナス』

監督&脚本:ジョージ・ルーカス
出演:リーアム・ニーソン、ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ジェイク・ロイド、イアン・マクディアミッド、ペルニラ・アウグスト、ヒュー・クァーシー、アーメッド・ベスト、アンソニー・ダニエルズ、ケニー・ベイカー、テレンス・スタンプ、レイ・パーク、サミュエル・L・ジャクソン、オリヴァー・フォード・デイヴィス、ワーウィック・デイヴィス、フランク・オズ、ソフィア・コッポラ、キーラ・ナイトレイ
アナキンが生意気すぎる。ジャージャーはキャラは良いけど足手まといすぎる。女王様が美しすぎる。クワイ=ガンかっこよすぎる。オビ=ワン若すぎるw 何気に旧3部作(WXY)の記憶が定かでなくなってるけど、それにつけてもあんまり丁寧に説明してくれてない感じはするなぁ。まぁ分かんなくてもいいんだろうけど。続きを観れ、ってことだろうしw あーでもこの頃からR2-D2ってがんばってたんだねぇ健気にねぇ。かわいいねぇ。一家に一台欲しいよね。暗黒面と書いてダークサイドと読むとかどうでもいい。エピソードU、VでもR2-D2の活躍が楽しみデス!! 2枚組みディスクなので特典映像がてんこ盛り過ぎて最後まで体力が持ちませんですた(;´Д`) ジョージったら気合込めすぎ。

posted by のりすけ at 08:48| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『ステップ・アップ』

監督:アン・フレッチャー
出演:チャニング・テイタム、ジェナ・ティーワン、マリオ、ドリュー・シドラ、ヘヴィーD、ダメイン・ラドクリフ、ディシャウーン・ワシントン、ジョシュ・ヘンダーソン、レイチェル・グリフィス
青春ど真ん中なダンス映画。主人公が高校生で、ストリートダンスとバレエの融合でもって恋愛とか友情とか絡めつつお互いが成長していくとゆー、わりとありがちな話。だけどチャニング君がチャーミングで惚れた。筋肉ラヴ。青春ダンス映画ってそれなりに当たるらしいですね(日本ではそうでもないみたい?)。みんなダンスとかノリの良い音楽とか好きなんだね^−^ あとは、んー、アレだな、馬鹿は死ななきゃ直らないって良く言ったもんだよね。若いときってホントに無茶できちゃうから、実は一歩間違うとこんなんなっちゃうんだよっての、気付かないんだよね。タイラー君は(女のおかげで)やりたいことが見つかったけど、マック兄さんも真っ当な生き方が見つかるといいね。

posted by のりすけ at 08:45| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(7) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする