2007年08月05日

DVD『ピンク・パンサー3』

1976年 イギリス
監督:ブレイク・エドワーズ
出演:ピーター・セラーズ、コリン・ブレイクリー、レスリー=アン・ダウン、ハーバート・ロム、バート・クウォーク他
元主任警部(だったかな)がとうとう精神に異常をきたし、特撮戦隊ものもビックリの悪玉親分に成り下がってしまうお話なんですが、相対する主人公がジェームズ・ボンドでないばかりに、珠玉の爆笑コメディになってしまっている作品。囚われてしまう博士も立場がありません。かわいそす。しかし、ある意味クルーゾー警部はジェームズ・ボンドよりスゴイよね。ずーっとマイペースというか独特の勘だけで来てるのにね。敵わんよw 取る笑い取る笑い全部がベタなんだけど、1・2・3と観てきてコレが一番笑える。お約束ちっくというか、木久蔵さん的、あ、最近「木久翁(きくおう)」って改名する?した?んですよね。なんつうかそーゆーみんなに愛されるキャラクターってやつですか。美女にモテるところだけが不可解ですけども。ええ。そんな簡単に篭絡してたらアサシンとか名乗れないからw にしても最後のあのオチは豪快でいいですね! ドリフ的で日本人にも大ウケとみた。

posted by のりすけ at 22:05| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『ジョー・ブラックをよろしく』

1998年 アメリカ
監督:マーティン・ブレスト
出演:ブラッド・ピット、アンソニー・ホプキンス、クレア・フォラーニ、ジェイク・ウェバー、マルシア・ゲイ・ハーデン、ジェフリー・タンバー他
あれを思い出した。ニコラス・ケイジが天使でメグ・ライアンがヒロインの、『シティ・オブ・エンジェル』。お迎えするのとか一緒だし。なんつうかその人ならざる存在が人間に興味を持って実際に人間になっちゃうとか、その辺の説得力がジョー・ブラックには微妙に足りない気がした。単なる興味でひと一人殺しちゃったってワケ? で良いもん見せてもらったっつって何事もなかったかのよーに生き返らせちゃうワケ? 彼の人生台無しでしょーが。つぅか冒頭でいきなりリアルな交通事故シーンを見せられてさあ、少なからずアタシはショックを受けたデスヨ。心臓の弱い人やお子さまに見せちゃまじーんじゃね? R-12とかじゃなくていいの? もう勝手すぎるっつーか、何様? あ、死神様か。でもアンソニー・ホプキンスが相変わらず良い演技なのでオッケーです。こおゆう渋いおやぢ、イイよねぇ。ただビルは語りすぎだけどw 時間がないからいいんかなw ブラッド・ピットも肉体が美しいから好きです。ああ好きだとも。肉体が。

posted by のりすけ at 21:57| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『フォー・ブラザーズ』

2005年 アメリカ
監督:ジョン・シングルトン
出演:マーク・ウォールバーグ、タイリース・ギブソン、アンドレ・ベンジャミン、ギャレット・ヘドランド、テレンス・ハワード、ジョシュ・チャールズ、キウェテル・イジョフォー他
熱い男たちの復讐劇。マーク・ウォールバーグがカッコイイだろうと思ってたんだけど、見てくれが意外にオヤヂ臭くてガッカリ。代わりと言ってはアレだけどギャレット・ヘドランドがステキすぎて困った。『エラゴン』のマータグよりぜんぜんイイ男。肌が美しくて、声が渋い。うん、惚れた。四兄弟のうち彼だけ消してしまうなんて、世のイケメン好きを尽く泣かせようとゆー監督はドSに違いない。あとはまぁちょっと西部劇チックな演出が行き過ぎて「ソレどう見ても変だろ」っつーのがちょこちょこありましたが、ハードボイルドなノリとかギャレット君の若さとかでいいあんばいにバランス取れてると思います。キウェテルさんのキレっぷりもけっこう好き。

続きを読む
posted by のりすけ at 21:52| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。