2008年04月13日

DVD『掠奪された7人の花嫁』

原題『Seven Brides for Seven Brothers』
1954年
監督:スタンリー・ドーネン
出演:ハワード・キール、ジェーン・パウエル、ラス・タンブリン、トミー・ロール、ジェフ・リチャーズ、ヴァージニア・ギブソン、ジュリー・ニューマー、ルタ・キルモニス、マット・マトックス他
全体的には面白い。お気楽ドタバタミュージカルだし、楽しい映画だと思う。なんか賞もとってるみたいだし。でもね、まずね、アダムさんは(見た目が)イイ男で背が高くて自信家で前向きな人生でパッと見カッコイイんだけど、女イコール家政婦っていう思考回路がいけません。ミリーは惚れちゃったからそれでも良いって思ったんだろうけど、アタシはいかんわコレ。他の花嫁たちもわりと諦めが早かったよなw 結婚するのが女の幸せとか言ってたであろう時代ゆえか。そして兄弟全員、馬鹿なのはしょうがないとしても、それじゃあお前ら“山男”どころか“山賊”ぢゃねえかと。家畜やら何やらの生産物を町で売ってそれで生活してるんだから、町の人間を敵に回しちゃいかんだろ。オチもイマイチ納得いかないっつうか。既成事実を産むための準備期間が冬の間だったのだとしたら明らかに短いし、どう見ても赤子は1人なのに、6人全員オッケー出ちゃうってどーゆーこと?w それでいいのか親。既成事実じゃなくてももう惚れちゃったってことでも、イマイチよくわかんない。だって一つ屋根の下に居たワケぢゃないでしょ。ほとんど眺めてただけで。どうして好きになれるのか・・・揃いも揃ってイケメンだからか。そうかぁ納得ぅw

posted by のりすけ at 15:13| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『アマデウス』

監督:ミロス・フォアマン
出演:F・マーレイ・エイブラハム、トム・ハルス、エリザベス・ベリッジ、ロイ・ドートリス、サイモン・キャロウ、ジェフリー・ジョーンズ他
モーツァルトに憧れて憧れて憧れて、可愛さ余って憎さ100倍になっちゃったサリエリおじいさんの懺悔のお話。才能というものに苛立ち・嫉妬・羨望、といった感情を抱いた経験があるひとならばサリエリの気持ちはよく分かる。つまり世の中で真面目に音楽やってる(orやってた)ほぼ100%のひとは、胸を締め付けられるというか何というか、「あるあ・・・ねー・・・あるあるあるあうんぎぃgygggg」みたいな複雑怪奇な気分にさせられてしまうのではなかろうか。ただまぁ、実際にその筋のギョーカイではモーツァルトみたいなのは珍しくないみたいですけどね。ナントカと天才は紙一重って言うし。サリエリが真面目すぎただけなのかもしんない。正直者は馬鹿を見るべきではないとアタシも思うけど、そんなこと言ってたら食ってけないもんねーみたいなのは音楽業界に限った話でもないし。それはともかく、サリエリもモーツァルトもかなり真に迫った演技で、見ごたえ十分。音楽もモーツァルト満載。ディスクを裏返さなきゃなんないのも気になりません!

posted by のりすけ at 15:02| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。