2009年01月27日

DVD『ゲゲゲの鬼太郎』

監督:本木克英
出演:ウエンツ瑛士、井上真央、田中麗奈、大泉洋、間寛平、室井滋ほか

まず主題歌が嫌だw テッペイ君は嫌いじゃないけど、ゲゲゲなイメージからかけ離れすぎだろう。キャストが無駄に豪華で、それだけで十分楽しかったから満足なんだけど、ウエンツだけが浮いている。どう見てもこいつだけがダメだ。髪型も酷けりゃセリフも酷い。ていうかイケメンである必要はいっこもないよね。どうしてウエンツなのか。それが最大の謎だ。2作目も観るつもりだけど、その辺の違和感とか技術面とかが少しはマシになっていることを祈ろう。とにもかくにも大泉洋はやってくれた。ねずみ男を実写で再現できるのはこいつを置いて他にいまい。と思わせるほどの適役。本当に臭いそうな所作には感動すら覚える。嘘。あと大天狗裁判長はもっと渋かっこいいおじさまにやって欲しかった。経験値が顔に出るような、ねぇ。獅童じゃちょっと。でもウエンツ&テッペイの外れ度から比べると全く問題ないレベルw 文句ばっかでアレだけどもういっこ。小雪さんがちょいと残念。ここは狐顔の美人を連れてこないとw

posted by のりすけ at 13:47| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『ライラの冒険』

原題『The Golden Compass』
2007年 アメリカ
監督:クリス・ワイツ
出演:ダコタ・ブルー・リチャーズ、ダニエル・クレイグ、ニコール・キッドマン、エヴァ・グリーン、サム・エリオット

最初の場所は学校・・・“使い魔”みたいのを連れてるし、雰囲気がどことなくハリポタを彷彿とさせる。の割に魔法が出てこないw 魔法的なアイテムはいっぱいあるけどw 二コールさんとかすごくいい演技してると思うんだけど、背景の説明がイマイチというかワケわかんなすぎてついていけません。今まで隠していたライラ出生の秘密を、ココへきて話さなければならないのは何故なんだ。本当の両親が判明したところで、ライラ自身はそれなりのショックを受けてしかるべきなのに、あんまり悩んでないのも微妙。そこは大事なトコじゃあないのか? とりあえず話が中途半端で、続編を作るつもりはあるんだよなーという展開なのは分かったけどなんだか詰め込みすぎな印象だし、きっと編集もうまくいってないんだと思う。つか言い伝え(?)の子っていうのがどんだけスゴイのかが結局分からない。気球乗りの人とか船上生活者の人とか魔女の人とかクマの人とかが簡単に味方になっちゃうというのがライラの特殊能力なんでしょーか。ドラクエ5の主人公みたいなもんか(違います)。真理計とやらのスゴさもよく分からない。探し物の在り処が分かるだけじゃあないんだよね? これじゃ続編も製作中止になるわ・・・というほど期待外れ(金の都合がつかないのが中止の理由だそうですが)。サム・エリオットかっちょええのに残念です。すぐさま原作本をアマゾンでぽちっとしましたw

posted by のりすけ at 13:39| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。