2009年02月26日

DVD『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』

原題『Indiana Jones and The Last Crusade』
1989年 アメリカ
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:ハリソン・フォード、ショーン・コネリー、デンホルム・エリオット、アリソン・ドゥーディ、ジョン・リス=デイヴィス、ジュリアン・グローヴァー、リヴァー・フェニックス

最高に面白かった!! 今までのアクション&アドヴェンチャーに加えて、父と息子の確執〜和解というワタシ的にストライクなテーマが素晴らしい俳優でもって語られたりなんかした日にゃあ、、、マジ泣きしました;; ショーン・コネリーがアクションシーンでどんだけ活躍しちゃうのかと半分期待してたところもあるんだけど、良い意味で期待を裏切ってくれて、きちんと控えめで“じじい風味”でいてくれたのと、コメディパートで才能をいかんなく発揮してくれたことで、すごく緩急のあんばいがうまいこといってる感じがするのです。1作2作も面白かったけど、コレは最早ジャンルが違うんではないかとゆー勢いで笑えた。インディアナ素敵だよインディアナ。しかし超常現象の解釈は、ジョーンズJr.博士的にはどうなんだろう。ってゆーのが気にならないと言ったら嘘になる。やっぱ700年とか生きてたらしい騎士が居て直接会ったっちゅうので、信じないわけにいかないよなぁ・・・父ちゃんまで救われちゃったとなればねぇ^^; とにかく、エルザの骨っぽさ以外全てが素晴らしい。

posted by のりすけ at 23:29| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

DVD『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』

原題『Indiana Jones and The Temple of Doom』
1984年 アメリカ
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:ハリソン・フォード、ケイト・キャプショー、キー・ホイ・クァン、ロイ・チャオ、アムリッシュ・プリ、フィリップ・ストーン

はやりトロッコです。これはトロッコがすごい。それ以外はあんまりびっくりしないw つーか一滴も血を流さずに心臓を取り出しちゃってそれでも生きてるとか、ナントカの血を飲んだら言いなりになっちゃうとか、ジョーンズ博士は科学者としてソレは許せるの?! という、すなわちトンデモ現象がいっぱいなんですが、やっぱりハリソンは不死身でした。あと女がうるさい。「かしましい」って言うと上品な雰囲気が漂う気がして(アタシだけかもしんないけど)、それは似合わないので普通に「うるさい女」でいいと思います。インディアナがこの女を殴らないどころか寝てしまおうとしていたことがほんのり謎w とりあえずアタシは蛇より虫の方が嫌だ。毒はなくとも、足から這い上がられてこられた日にゃー金切り声のひとつも上げようもの・・・あああああなんかかゆくなってくる><; あと、中国人の少年はどっかで見たなーと思って調べたら『グーニーズ』でした。ジョナサン・キー・クァンとか名前がちょいちょい変わってるみたいデスネ。けっこうかわいいなーと思ったんだけど、、、今は普通のオッサンか?w

posted by のりすけ at 00:59| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

DVD『レイダース/失われた聖櫃(アーク)』

原題『Raiders of the Lost Ark』
1981年 アメリカ
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:ハリソン・フォード、カレン・アレン、ジョン・リス=デイヴィス、デンホルム・エリオット、ポール・フリーマン、ロナルド・レイシー他

うひゃあハリソン若いw いやーなんか基本って感じですね^^ 楽しい。テーマ曲を聞くだけでワクワクします。初っ端から死線かいぐぐりまくりですが、ハリソンは不死身なので大丈夫です。ハラハラしないわけじゃないけど、蛇が嫌いってのには同意w 1匹だけでもイヤンなのに、あんなに大量に沸いてたら失神するって普通><; インディ強いよインディ。でも蛇嫌いなのにムチ使うってのはなんでかなぁ。第3作で解明されるらしいので期待。マリオンも相当肝が据わってるよね。かっこいい女っていいよね! 主に酒に強いあたりが! ていうかハリソンには「博士」っていう身分がビタイチ似合ってないと思うんだけどアタシだけ? こーゆー「実は裏の姿があるひと」ってスーツ姿のときだけ眼鏡かけるパターン多いよね。なんで? クラーク・ケントなら昼間も裏の顔を晒してるからアリだけど、ジョーンズ博士は裏の顔って知られてないよね? 気にしたら負け?

posted by のりすけ at 15:36| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『ディボース・ショウ』

原題『Intolerable Cruelty』
2003年 アメリカ
監督:ジョエル・コーエン
出演:ジョージ・クルーニー、キャサリン・ゼダ=ジョーンズ、ジェフリー・ラッシュ、セドリック・ジ・エンターテイナー、エドワード・ハーマン、ポール・アデルスタイン、リチャード・ジェンキンス、ビリー・ボブ・ソーントン他

原題を訳したら「堪え難い残酷さ」だそうな。「ディボース(Divorce)」の意味は「離婚」。なんで一般的でない英単語を邦題に持ってくるのか謎w とりあえずマリリンすっげえな。ちょっと見習いたいくらいw あのド田舎男は仕込みなんだよな。すっげえ。マイルズさんはそんじょそこらのサラリーマンより確実に儲けてるだろうけど、仕返しだけのためにそこまでやるかねぇ^^; つか金持ちレックスさんは首まで担保に埋まってて婚前契約してないのに、なんで浮気すんのかねw と思ったのはアタシだけではあるまい。あの面白証人、アタシにも男紹介してくんねーかなw しかし法律用語とか難しい単語がいっぱい出てくるし、コメディな割に笑いどころが少ない気がする。たぶん言葉遊び的な要素もあるんじゃないかと思うんだけど、上級者向けすぎてついてけないのかしら。字幕が。いや、アタシが英語がもっとできればっていうアレもあるけど。

posted by のりすけ at 15:34| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

DVD『ラッキーナンバー7』

原題『Lucky Number Slevin』
2006年 アメリカ
監督:ポール・マクギガン
出演:ジョシュ・ハートネット、ブルース・ウィリス、ルーシー・リュー、モーガン・フリーマン、ベン・キングズレー、スタンリー・トゥッチ

役者陣が豪華すぎてちょっと引いたのはアタシだけか。そうか。スレヴン君はボケーっとした感じでいながら怖い人に会ってもどこか余裕があったのよね。展開は読めなかったけどw 最後に突然キレが良くなってびっくりした。キレのいいジョシュも好きだ! なぜならイケメンだから! 肉体はあんまりそそらないけど。20年前のブルース・ウィリスは長髪だったのか(違)。キモイ。このオッサンがスレヴン育てたのか。利害が一致してたのか? そゆ話、映画の中にあった? 最後の方は酔っ払っちゃって記憶が曖昧なのー(;´∀`) ハイあとでもっかい観ますorz けっこう2人の息が合っててちょっと異様だけどスタイリッシュ!って思いました。なぜならジョシュがイケメンだから。そういえば斜に構えてないブルースを見るのが珍しい気がするんだけど。気のせいですかそうですか。あとルーシー・リューがイマイチ美人に見えません。たぶん頬骨のせい。それにつけてもお友達のジェイク・ギレンホール似の彼(名前忘れた)がカワイソウ。あ、リンジーもかわいそうか・・・単なる巻き添えだもんなぁ。スレヴンも一般人じゃないってことか。うーん、イケメンなのにもったいない。

posted by のりすけ at 14:20| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

DVD『ディスタービア』

原題『disturbia』
2007年 アメリカ
監督:D・J・カルーソー
出演:シャイア・ラブーフ、キャリー=アン・モス、デヴィッド・モース、サラ・ローマー、アーロン・ヨー、ホセ・パブロ・カンティージョ

シャイア君はスピルバーグに完全に気に入られたがために、あちこち引っ張りだこなんですかねぇ、という印象なんですが、本当にいい奴なので目が離せない。ところどころ息抜き的お笑い要素が入ってるんだけど、サスペンスなところもガッチリ。ただし一番怖いのは死体や暗闇などではなく、デヴィッド・モースですが。もう明るいところで見る優しげな顔ですら怖い、のはアタシだけかもしんないけど素晴らしいですね。ロニーの馬鹿っぷりもいい感じだ、と思ってたけど死んだフリのドッキリでちょっぴりちびったのでナシですっ;; あとアシュレーのノリの良すぎるところもどうかと思った。お嬢さまじゃねーんかw とりあえず3ヶ月間家から出てはいけないっていう生活が正直うらやましい・・・のもアタシだけかなぁw 仕事したくないクマー!

posted by のりすけ at 21:01| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

DVD『陰日向に咲く』

2008年
原作:劇団ひとり
監督:平川雄一朗
出演:岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、平山あや、緒川たまき、塚本高史、西田敏行、三浦友和

原作はかなり前に読んだ。たぶん発売してわりとすぐの頃だったと思う。それとはどうもイメージが違うけど、映画は映画でアリっていうか「ひとり臭さ」がなくて良かったと思う。原作は、読みながら劇団ひとりがネタとしてしゃべってる声が脳内再生されたくらい「ひとり臭い」もので、それはそれでまぁアリなんだけど、あまりの「ひとり臭さ」にむせたw なんというか、本の方は全体のつながりを見渡すのが簡単だけど、映画の方が登場人物のそれぞれに入り込みやすくて深く感動できるかな、と思った。ところで岡田くんって何気にいい表情しますね。パチンコはもうしないって言った舌の根も乾かぬうちにフラフラっと、のシーンの顔のあの歪みっぷりが良かった。ジャニーズは基本、演技なんてできないもんと思ってかかるくらいがちょうど良いと思っているわけですが、彼はアリだと思いました。『SP』も見てみるかなw


-->
posted by のりすけ at 15:17| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『バニラ・スカイ』

原題『Vanilla Sky』
2001年 アメリカ
監督:キャメロン・クロウ
出演:トム・クルーズ、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、ジェイソン・リー、カート・ラッセル、ノア・テイラー、ティルダ・スウィントン

どこまでホントで、どこからが夢なのか。正直よくわかんないです。難しい。頭さえまともなら顔なんてどうでも、ってアタシも思った。けど本当に無理だったんだろうね。だからマスクなんて持ち出したんかな、と思った。死んだ人間を冷凍保存して夢を見させるなんて、トンデモの域だよ。夢の世界なのに錯乱して人まで殺して留置所入って、精神科医に告白? 何のために夢を見させてるんだ。想定外だったのかな。つーか生き返ることができるんなら(これもまたアレな設定だけど)、なんですぐ生き返さないのかな。それも契約なのかな。ご契約内容をご確認させていただきたい。そして私はそんなもんに契約したくはない。しかしキャメロン・ディアスは本当に嫌なキャラというか、こういう“できてない”女が似合うですねw 嫉妬に狂って男と心中なんてカッコ悪い極みですよ。それにつけてもDVDのジャケットがいい男すぎたので、トムがもっと若い頃の作品なのかと思い込んでましたすんません。実はそうでもなくて、ちっこいからうっかり子供っぽく見えるけどトムもそれなりにおじさん気味でした。合掌。

posted by のりすけ at 15:15| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

DVD『ボビー』

原題『Bobby』
2006年 アメリカ
監督:エミリオ・エステヴェス
出演:ハリー・ベラフォンテ、ジョイ・ブライアント、ニック・キャノン、エミリオ・エステヴェス、ブライアン・ジェラーティ、ローレンス・フィッシュバーン、ヘザー・グラハム、アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ハント、ジョシュア・ジャクソン、デヴィッド・クラムホルツ、アシュトン・カッチャー、シャイア・ラブーフ、リンジー・ローハン、ウィリアム・H・メイシー、スヴェトラーナ・メトキナ、デミ・ムーア、フレディ・ロドリゲス、マーティン・シーン、クリスチャン・スレーター、シャロン・ストーン、ジェイコブ・ヴァルガス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、イライジャ・ウッド

いろんなひとたちがいろんな思いを抱えて、ケネディの言葉を聴く。いい方に向かうかも、向かいそうだ、と思った矢先に悲劇に襲われてしまう。巻き添え多すぎです;; 戦争に行かずに済んで命が助かったはずのイライジャ=ウィリアムが重症っぽいのでアタシもギャアアって言いそうになったw エドワードさんがいいひとで感動した。ホセかわいいよホセ。ティモンズさんはいろいろ考えを改めてるのに、それでもクビなのかね。けっこういいやつじゃないのよねぇ。一流ホテルに勤めてるだけのことはあるよ、と思ったのに。つかポールが見た目のわりに若すぎるw 支配人?のくせに悪い意味で元気良すぎである。ケネディだけ本物? 映像使ってるぽいね。周りのひとたちの物語って、事実に基づいてるのかな。関係ないのかな。群像劇っつーと別々の登場人物が所々関わりをもったりするシーンがあることが多い気がするけど、これはあんまりないですな。だからいいのかな。いやなんとなく。

posted by のりすけ at 14:26| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

DVD『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』

原題『Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street』
2008年 アメリカ・イギリス
監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン他

ジョニー・デップの歌声は、『クライ・ベイビー』で聞いてたと思う。驚きはしなかったっつーか驚くほどうまいわけでもないっつーか・・・まぁいいや。歌については、若者(名前忘れた)とジョアナとトビーが非常に良かったと思いまふ。お話はそもそも良く知らなかったんだけど、ミスターTとラベットの結末はチト納得いかない。公に捕まって罰を受けるべきだと思う。内緒じゃ済まされないでしょ、判事まで殺っといて。とりあえず若いもん同士が幸せになったのなら結果オーライか? 気になったのは肉。指が入ってたってことは、骨ごとミンチにしてんの? 捌いてるってゆってたし機械がぶっ壊れそうだから、指は間違って入っちゃっただけかな。だってミンチ状になっても骨があったら食べられないよねぇ。軟骨ならともかくw 骨と肉を分けて、毛も邪魔だし、服も剥ぐし、かなりの量のゴミが出るね。内臓はどうしてたのかな。コレを全部焼いてたとすると、そりゃあすんごい臭いがするよね〜>< つか骨は焼いても残るな・・・砕けば処分できるかな。あひー気持ち悪くなってきた(;>д<)

posted by のりすけ at 22:17| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DVD『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』

2007年
監督:三池崇史
出演:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、木村佳乃、桃井かおり、香川照之、石橋貴明、クエンティン・タランティーノほか

最初からイロモノなつもりで観たけど、面白かったとは言い難い。とりあえずみんな英語酷いなぁ(;´Д`) 香取とか石橋とか聞いてられないよ。伊勢谷友介が一番うまかった気がする。ていうか伊藤英明、影薄すぎ。主役なんだよね? 格好だけはすごくサマになってるけど、ホントに巻き込まれただけっていう感じだよね。いいのかそれで。ストーリーがトンデモだからなのか、キャラが強烈だからなのか、話の流れをあんまり覚えてないのはアタシだけでしょーか。シェイクスピアの辺りは超ダラダラしてたんだけど、アレ本当に必要だったの? 弁慶がオ○マになるくだりもちょっと納得いかないなぁ。○カマになる前の忠誠心っていうのもちゃんと描いてくれないと。何しろ“あの”義経と弁慶なんだから・・・尚更なんで石橋が。っていう気がするのはアタシだけではあるまい。石橋でさえなければ、もっと弁慶が活躍する場面も入れてもらえたかもしんないのにw あと特筆すべきは木村佳乃。すばらしくえろいです。口から出したのは鈴でしょうか。なぜ出さねばならなかったのかは謎。桃井かおりがどんどん若返ってゆくのが不思議でしたが、一番かっこいいのでOK! 香川照之の小物っぷりにも満足。「なんじゃこりゃああ」はダメだと思ったけど。。。一見まじめにやっている風でいて、笑うところもちょっぴり入れつつ、豪華キャストで金使いまくって、そりゃあ監督は満足したでしょうね。(敬称略)

posted by のりすけ at 22:13| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

DVD『L.A.コンフィデンシャル』

原題『L.A.Confidential』
1997年 アメリカ
監督:カーティス・ハンソン
出演:ラッセル・クロウ、ガイ・ピアース、ケヴィン・スペイシー、ジェームズ・クロムウェル、キム・ベイシンガー、デヴィッド・ストラザーン、ダニー・デヴィート

なんでかな、ラッセル・クロウとケヴィン・スペイシーとシャイア・ラブーフがかぶって見分けがつかないんです。アタシだけ?だよねーorz いや、けっこうハラハラどきどきで観られました。上司が狂ってるとホント困るよね。ジャックかわいそうだよジャック。でもバドが有能だって分かって取り込もうとしなかったのはなんでかな。有能だけに、もし反抗されたら消さねばならないわけで使える駒が居なくなったら困るからか。エドは全く正反対な性格だけど、やはり手駒にするには危険すぎたと。つか敵作りやすいよな、“正義”って。「ロロ・トマシ」がすごく重要なキーワードになっているようには思えなかったんだけど、アタシが鈍いだけでしょうか。それがなくても解決したんじゃないかと。。。つかみんな銃の腕前が大変よろしいです。銃撃戦とかでも当たったらみんなほぼ即死だし。でも主人公は生き残るし。都合よすぎw ガイ・ピアースがいい男だったから、まぁいっか^^

posted by のりすけ at 15:40| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする