2009年05月18日

DVD『監獄ロック』

原題『Jailhouse Rock』
1957年 アメリカ
監督:リチャード・ソープ
出演:エルヴィス・プレスリー、ジュディ・タイラー、ディーン・ジョーンズ、ミッキー・ショーネシー、ヴォーン・テイラー

うわあぁ・・・って言いたくなっちゃうくらい“ヤンキー”な感じ。当たり前っちゃあ当たり前かw 若い、若いよお兄さん。これぞ“ロックンローラー”ですか。とりあえずコレはエルヴィス万歳な映画ってことでいいんでしょうか。ロックとかぜんぜん分かんないし、ヴィンスのキャラクターもちっとも好きになれないんですが。つーかストーリーとしてもわりとありがちだよねぇ。あ、こっちが元祖って言うべきなのか。そうか。なんだろうエルヴィスが単純にアタシの好みに合わないってだけだろうか。“ロックンローラー”に馴染めないだけか。ああいうのが流行って、キャーシビれるーとかそういう雰囲気な時代が遠い昔にあったんだね。まー今でもやってることは変わんないか^^; アタシがミーハーだったことないから、ノリについてけないだけかもしんない。

posted by のりすけ at 14:46| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

DVD『ヒストリー・オブ・バイオレンス』

原題『A History of Violence』
2005年 アメリカ/カナダ
監督:デヴッド・クローネンバーグ
出演:ヴィゴ・モーテンセン、マリア・ベロ、エド・ハリス、ウィリアム・ハート、アシュトン・ホームズ、ハイディ・ヘイズ、ピーター・マクニール、スティーヴン・マクハティ、グレッグ・ブリック

ヴィゴの体のキレの良さに惚れ惚れいたしますね。老け顔のわりに。ジョーイ?誰それ?って言いながら、分かってるんだよね・・・ウソがうまいよねw 3年かかってトムになって、エディと一緒になったってことは子供たちはエディの連れ子なんだ。ちゃんとどころか完璧に父親になってるよね。エライ。ジャックが父親の血を引いちゃってるのかと思うほどキレっぷりがすごいので一瞬混乱したよw ちょっと簡単に血ィ出しすぎ、と思ったのはアタシだけかな。高校生の本気の殴り合いとか見たことないから分かんないんだけど、そんなにすごくなっちゃうのかな。まぁ当たり所が悪ければ歯くらい欠けるか。。。誰だってキレちゃう瞬間ってあるんだろうけど、傷害事件になるほどブチ切れちゃわないように、子育て気をつけないとなんだろうなぁ、と思ってしまいました。ラストシーンの緊張感がいいですね。いろいろ考えさせられます。

posted by のりすけ at 17:05| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

DVD『セブン』

原題『seven』
1995年 アメリカ
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:演:ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー、ケヴィン・スペイシー

まず『鋼の錬金術師』を連想したのは私だけでは・・・ごめんなさいw しかし強烈ですな、贖罪のさせ方が>< 胃が破裂するまで食べるってどうなんだ。食べられるの? 飲み込めるの? もうこれ以上無理だよ胃がいっぱいだもん、ってゆー状態で飲み込めるの? つかそこまで行く前に吐くよね。食わせる方も相当辛抱強いっつーかものすごく強い意志で遂行したんだね。最後は自分を殺させるなんてゆー計画を本気で立てて本気で実行しちゃうんだから本当に狂ってる。強欲とか怠惰とか肉欲とかのくだりは、酔っ払ってたのでよく覚えてませんがラストの方は大丈夫です(;゚ω゚) ミルズが・・・気の毒です。サマセットも辛いわね。グウィネスは個人的にあんま好きじゃないので、感情移入するほどじゃないけどw しかし子供を守れなかったことについてはしんどいですな。化けて出てやる!くらいしか言えない;;

posted by のりすけ at 13:41| 群馬 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

DVD『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』

原題『Tropic Thunder』
2008年 アメリカ
監督:ベン・スティラー
出演:ベン・スティラー、ジャック・ブラック、ロバート・ダウニー・Jr、ブランドン・T・ジャクソン、ジェイ・バルチェル、ダニー・マクブライド、スティーヴ・クーガン、ビル・ヘイダー、ニック・ノルティ、マシュー・マコノヒー、トム・クルーズ

結論から言うと、あんまり面白くなかったw パロディにしてた元ネタを知らなかった部分が多すぎたからだと思うけど。思いたいけど。ともかくトム・クルーズが一番面白いというのはアリなんだろうか。言われるまで気付かないよねアレ。体つき顔つきが異様なんで「ああコレは作り物だ」ってのはすぐ分かるけど。でもトム・クルーズが出てますよ〜って宣伝しちゃおしまいだよねw 一番のサプライズをネタばらししちゃあね・・・。個人的にはスティーヴ・クーガンのヘタレっぷりがお気に入り。『80日間世界一周』の吹き替えだった原田泰三の罪(?)は重いw あと『アイアンマン』を早く観ないと、と思いました。

posted by のりすけ at 00:01| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする