2009年11月03日

劇場『THIS IS IT』

2009年 アメリカ
監督:ケニー・オルテガ
出演:マイケル・ジャクソン

超カッコよかった。50歳のマイケルも、昔(全盛期と言うべきか?)の頃と体のキレや声はぜんぜん同じ。オーディションで合格したバックダンサーたちと見比べても、体の線が異様に細いだけで全く衰えてない。ただ昔の通り(=ファンが見たいと思っているモノ)に忠実に応えようとしているがために、少々ワンパターンっつうか見飽きてしまう部分が無きにしも非ずだけど。リハーサル映像だから歌も踊りもわりと軽く流してるし、ムーンウォークとかちょっとだけしか見せてくれてないけど、そこから想像される表現力っつうかなんつうかは、ぜんぜんまったく健在。なだけに、スタッフたちの生の声で「あこがれのマイケルと同じ舞台に立てるなんて超感動!」みたいなインタビューを聞くと泣けてくる。感情的なアレもさることながら、、、実際コンサートの準備にかかったシャレにならん人・金・労力がすべてパーになっちゃったのもしんどいところだなぁ、と思わずにはいられない。前売りで買って指定席の予約までしたアタシが拍子抜けするほど客席がガラガラだったことも、その辺りの心配をしちゃう気分を助長する。上映始まってビックリしたよ、客の集まらなさに><; おっかしいなぁ。ディズニーランドでアトラクションになるくらいメジャーなはずだったんだけどなぁ。なんかいろいろ寂しいわ。

posted by のりすけ at 21:28| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする