2011年04月23日

DVD『仮面ライダーアクセル』

2011年 日本
監督:坂本浩一
出演:木ノ本嶺浩、山本ひかる、滝裕可里、なだぎ武、中川真吾、桐山漣、菅田将暉ほか

アクセルってこんなにカッコよかったっけか^^; 照井って体の線が細いわりにケンカも強いし。そりゃあ惚れるってwww でも「所長」はアタシもダメだと思う。不器用とか照れ屋とか唐変木とかゆっても程度ってもんがある。アクセルってWとかと違ってフォームの質感が金属だから、ぶっとばされて吹っ飛んで地面に叩きつけられるときに「ガシャンガシャーン!」みたいな感じになるじゃん? アレがさあ、なんつうか、うわあ修理大変そう・・・って思っちゃうのよね。トライアルなんて軽そうだし相手が悪けりゃぺしゃんこにされちゃうんじゃね? みたいな。そしたら引退って言うか廃車ですね? みたいな。しかしブースターすごいね。足がイカれてても飛んじゃうからオッケー! ってタジャドルじゃねえか。何故に黄色。最後に翔太郎が“質問”してたのに「俺に質問するなー!」って言わなかったのは何故に! 特典映像はあとで観ます。
特典映像みました。
posted by のりすけ at 15:53| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』

2011年 日本
監督:金田治
出演:渡部秀、桜田通、三浦涼介、高田里穂、秋山莉奈、今井悠貴、吉川史樹ほか

息子(来週4歳になります)と2人で観に行った。普段テレビも黙って座って見てらんない生物を劇場に連れてってダイジョブだんべか・・・と思ってたので、空いてそうな時期を見計らってw 要はアタシが観たかった、のはここだけの話。で辛うじてイスから離れることはなかったが、しゃべりっぱなしでウザかったorz 周りの人(ぜんぶで20人弱だったけど)ごめんなさい。

さて感想。いろいろありえないことだらけなんでいちいちつっこんでると楽しめないからねw とりあえずアタシが電王をリアルタイムで見てなかったので、イマジンの存在とかよくわかんなかったりするんですが、テレ朝動画ネット版で予習しといたから抵抗なかったw むしろ電王に変身する人がちっともイケメンじゃなくて残念無念。イケメンといえばアンクの人のアップが最初の方に出たとき、「ああ若い(肌)ってステキ」と思ったのはアタシだけか。ライダー1号2号は武器もってないんだね。ある意味丸腰なのに強いんだねぇ。ていうかあの胸、邪魔じゃね? 最後のささきいさおさんのシーンでちょっとしんみりしすぎだと思った(息子「もう帰る?」発言の)後、「元の世界」に戻ってないよーな気がしたんですがクスクシエとか知世子さんとか平気なんでしょうか。お父さんはそのままで良くても他がまずくね?w てゆーか知世子さんはショッカー側に居たらよかったのに。って思ったのはアタシだけではあるまい。あと一番つっこんじゃいけない所だと思うけど、エイジ君は仮面ライダーとしては、そんなに熱くないよね? 1号2号の熱さにはマジ泣けた。オーズのベルトを拾ったオバサンにも(その素早さにも)感動した。だけどエイジ君は悪者の住処まで行ってやっつけてくるみたいな正義感って、無いよね。これからの本編で変わるのかなw
posted by のりすけ at 13:03| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『エクスペンダブルズ』

原題:The Expendables
2010年 アメリカ
監督:シルヴェスター・スタローン
出演:シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ミッキー・ローク、ドルフ・ラングレン、エリック・ロバーツ、ランディ・クートゥア、スティーヴ・オースティン、デヴィッド・ザヤス、ジゼル・イティエ、カリスマ・カーペンター、ゲイリー・ダニエルズ、テリー・クルーズ、ブルース・ウィリス、アーノルド・シュワルツェネッガー

朽ちかけたスタローンではありますが、がんばってます。イチオシなのはジェイソン・ステイサムのようなんだけども、『トランスポーター』あたりにも書いた記憶があるけど、アタシ、ハゲキャラがというか、ジェイソンさんがあんまりorz そんな按配でドコを見渡してもイケメンが出てこないのがとにかく残念w 筋肉量的にはうっはうはなので、イケメン成分を度外視すれば眺め放題の涎垂らし放題。それにつけても人死にすぎです。ばっかんばっかん死んでく。リアルに細工した豆腐を金属バットで薙ぎ払うみたいな?? 無造作な死に様。気持ち悪いを通り越して爽快ですらある。ゴメンナサイ嘘つきました。正直気持ち悪いシーンばっかりですorz もともとホラーとか観ないし怖いの嫌いなのよ。ほらほら、主人公って死なないよーにできてるから。ね? って自分に言い聞かせながら観てたのはここだけの話w でもねぇいくら主人公っつったってどう考えても歳いっちゃいすぎてるし、むしろおじいちゃんダイジョーブ? って言いたいくらいぢゃないっすか。それでこんだけ完璧なB級ができたんだから、、、もう「主人公」は引退でいーんじゃね?w
posted by のりすけ at 12:24| 群馬 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『特攻野郎Aチーム』

原題:The A-Team
2010年 アメリカ
監督:ジョー・カーナハン
出演:リーアム・ニーソン、ブラッドリー・クーパー、クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン、ジェシカ・ビール、シャールト・コプリー、パトリック・ウィルソン

元はドラマだったそうで。タイトル名だけは昔から知ってたけど、観たことはないです。アタシ的にリーアム・ニーソンは文系人間な印象があるので、こういったマッチョな役をやると妙な怖さがあるよね(『96時間』もそうでした)。穏やかそうな顔してる奴ほど、キレると怖いっていうアレ。絶対敵に回したくない奴。怖い。そんなことよりブラッドリー・クーパーです。イケメンすぎて画像集めが留まるところを知らない!!! この役のために鍛えたという胸板および腹筋から目が離せません!!! その二の腕で私の首を絞めるといいと思う!!! イケメンだからセクシーショット満載!!! ジョー(監督)は良く分かってる。そしてすぐさまブラッドリー出演の他の映画DVDをアマゾンで探しちゃったのは内緒・・・でもないな。うん。久々においしい筋肉を堪能できました。ごちそうさまでしたー♪ 他の人はよく見てませんでしたが、コメディ風味の部分はけっこう笑えたよ!(≧▽≦)☆
posted by のりすけ at 12:18| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする