2011年06月24日

劇場『スカイライン-征服-』

原題『SKYLINE』
2010年 アメリカ
監督:コリン・ストラウス、グレッグ・ストラウス(ザ・ブラザーズ・ストラウス)
出演:エリック・バルフォー、スコッティー・トンプソン、ブリタニー・ダニエル、デヴィッド・ザヤス、ドナルド・フェイソン

きっと『宇宙戦争』みたいに、なんだかんだ理由つけて主人公たちは無事でした〜ってなるはずだ、絶対! と心を強く持って観てましたが。。。 最後の最後の最後でマーベルコミックス的な熱い展開になってしまって、瞬時に血が沸騰したかのよーにドキドキしてたのはアタシだけではないはず。エンドロールで一気に手に汗握った。ある意味もったいない映画www でもその描写はラヴ故になんだけど、ラヴの“伝達度”は今日ハシゴで観た『スーパー8』の方が上。さすがスピルバーグ、つったら酷かw ともかくコッチは泣けなかった。最初から最後まで悲愴感しかない。感情が揺さぶられないのだ。あとテリーに関わる件も、アメリカ映画のトラブルメーカーのテンプレみたいでなかなか受け入れ難いw つぅかジャロッドさん、日本の芸人でこんな顔の人いたよね(名前がどうしても思い出せない)。ってアップで映る度にモヤモヤしてしまってどうにもイマイチ入り込めなかったのですが。アタシだけじゃないと思いたい。
posted by のりすけ at 20:29| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『スーパー8』

原題『SUPER 8』
2011年 アメリカ
監督:J.J.エイブラムス
出演:ジョエル・コートニー、エル・ファニング、カイル・チャンドラー、ライリー・グリフィス、ライアン・リー、ガブリエル・バッソ、ザック・ミルズ、ロン・エルダード

本編が始まる前の予告をいくつか観てて、最近は「宇宙からやってきた未確認生物によって人類に危機が訪れます」系が流行ってんのかな?と思った。今日のハシゴはコレと『スカイライン』。CGとか、もうこのくらい普通にできて当たり前な時代なんだね^^;

しかしコレは、『ET』に通じるところがありますね! 悪ガキどもの突っ走りっぷりはホントにぶん殴りたくなること請け合いなわけですが、伏線も確実に拾うし、突っ走ってるけど行動原理がちゃんとあるというか人物に沿ってるというか。あのデブ、将来いい監督になるといいねw 何しろ主人公がカワイイのがGood。大人になっても崩れませんようにw あとエル・ファニングの鼻がもうちょっと美しかったら最高だ。父ちゃんズも素晴らしかったね。保安官代理の父さん、あんたはやってくれると信じていたよ! って本当の保安官さんも助かったのか。そうか。よかったじゃない。『ET』と『グーニーズ』とあとなんかお好みのクリーチャーを足して適当に割ってイケメン父さんを足したらこんな感じになると思う。いやあ泣いた泣いた。男子にとって、母親って存在は、ある意味というかある程度というかそれなりにというか、卒業するときがくるもんなのかね。いやあホラ、うちも走り出したら止まれなそうな男子が1匹いるもんで^^;

追記!
posted by のりすけ at 19:45| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。