2011年11月07日

劇場『カウボーイ&エイリアン』

原題『Cowboys & Aliens』 2011年 アメリカ
監督:ジョン・ファヴロー
出演:ダニエル・クレイグ、ハリソン・フォード、オリヴィア・ワイルド、サム・ロックウェル、アダム・ビーチ、ポール・ダノ、ノア・リンガー

予告を観たときは、やべえスピルバーグも耄碌したかとちょっぴり思ったりしたのはココだけの話。「エイリアン」という言葉の響きに含まれるホラー成分は、恐れていたよりは少なかった。ホラー嫌いのアタシ的にはギリギリ(>_<;;
古いはずのウエスタンな物語に、うまいことSFが混じってましたねぇ。不思議。SFとは言っても、あんまり未来っぽい見せ方はしてない。なかなかに上手いなぁ。
つかダニエル・クレイグったらイギリス人なのに、コッテコテなアメリカ西部劇なんかの主人公がよく務まったもんだ。これまた不思議。でもって何故だか、わりかし似合うんだよねぇ。ジェームズ・ボンドをやるときでさえ「まさか」と言われてたのが、更に飛躍してコレですよ。不思議な人だ。そしてスピルバーグとは長い付き合いのハリソン・フォード。ウエスタンハットに鞭を持たせたらインディアナ・ジョーンズじゃねえか、しかも最新作やってたのだってちょっと前の話ですよ。まぁでも乗馬シーンでは、手綱の持ち方がジジ臭いと思いましたが。にしたって、ちゃんと体は動きますねwさすがw

んでも結局・・と言ったらイケナイかもだけど、もはや人類の敵は宇宙人なのが昨今のセオリーなのかもしんないね。あとは、どっかの研究者が良かれと思って作った薬とかウイルスとかw 人間同士の戦いは最早、歴史物の中にしかない。いやまぁ人間同士での戦いを観たいわけじゃないけど。。。敵の敵は味方、とか言い訳しながら協力しあう展開にはグッときましたよ。長を務める人間はやっぱ、そういう決断もできる人間なのよね。そこに言葉の壁なんてないのさ。黙っていても助け合えるのさ! ・・・といった塩梅で結局は、大いに泣かせていただきました。スピルバーグ儲けすぎだな。
posted by のりすけ at 22:37| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

劇場『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』

原題『The Three Musketeers』 2011年 フランス・アメリカ・イギリス・ドイツ
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ローガン・ラーマン、ミラ・ジョヴォヴィッチ、オーランド・ブルーム、クリストフ・ヴァルツ、マシュー・マクファディン、レイ・スティーヴンソン、ルーク・エヴァンス、マッツ・ミケルセン、ガブリエラ・ワイルド、ジェームズ・コーデン、ジュノー・テンプル、フレディ・フォックス

アトスの人は『高慢と偏見』の彼氏でしたね。声が好きなのよね。アトス的にはちょっとシモブクレかなぁwとか思いましたが何気にアクションもできてた?のか?そういや三銃士がメインじゃなかったよね。本来のっつうかアラミスがチャーリー・シーンのバージョンはもっと三銃士がバリバリ活躍してたと思うんだけど、今回のは本当に脇役になってた気が。つーか、そういや、画面に一番長く映ってたのはミレディだったんぢゃないかと思えなくもない。監督さんよう、気持ちは分からんでもないけどええかげんにせえ(ミラ・ジョヴォヴィッチは監督の嫁)。
予告を見た限り「いろいろ詰め込みすぎじゃね?キャストだけで売るのか?」とか思ってた節もありましたが、何気にそこそこまとまってる風。勢いで押してる方が強いけど。
とりあえず18,9歳であのアクションをこなしてるダルタニアンが偉い。悪役をやらせたら右に出るものが無いどころかダニエル・クレイグも縮み上がったかもしれない(2006年の007)、あのマッツ・ミケルセンと堂々対峙して、結果勝利したとゆー、将来有望な若者でありますw ハリウッドの未来は明るいかもだ。

ついでに日本の2011年以降の未来をも明るくしてってくれるとありがたい。

ダルタニアンは、今までの作品(1個しか見てないけどw)よりも更に空気読めてない感じがしたかなぁ。忠誠心とか言ってる割に重視してない感じというか。アトスたちが重大で危険すぎるミッションに賛同してくれた理由は、わりとアリかなぁと思ったけどw
結局のところ「One for All, All For One!!」を言わせたかった、いやさ、そのセリフさえ言えば全て許されると思ってやしねえか?的な空気が無きにしも非ず。逸脱とまでは言わないけど、わりと自由すぎる脚本だったのではないかと。ミレディの存在に関する裏付けが何一つないしw 当たり前だけどw まーでも楽しかったから良いんだけどね。ハイ。
posted by のりすけ at 23:02| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする