2012年01月06日

劇場『宇宙人ポール』

原題『PAUL』
2010年 アメリカ
監督:グレッグ・モットーラ
出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー、ブライス・ダナー、ジョン・キャロル・リンチ、シガーニー・ウィーヴァー
声の出演:セス・ローゲン

けっこう笑えましたよ。アタシ以外の笑い声はあんま聞こえなかったけど。スピルバーグの声は本物なのかな? まぁでもねぇ、もうちょっとねぇ、ポールの声は体型に即した雰囲気にして欲しかったというか。渋すぎw

で、結末はベタな感じ。たぶん何か元ネタがあってソレをひねってるのかもしんない、と思ってもみたけど要は知らないので、オチが冴えないことをオチにするのは向こうの人らの悪い癖だ。と思っておくことにする。ちなみにPG12。

それにつけてもCGはちゃんとやってますねw まぁ今時CGくらいガッツリできて当たり前みたいな雰囲気が無きにしも非ずですし、観る方もだいぶ慣れてきちゃってますけどねw ポールが『ロードオブザリング』のゴラムそっくり・・・!と思ってしまったアタシに罪は無いはず。しかしゴラムと違って、おっさんキャラじゃなければ一家に一台欲しいくらい愛嬌たっぷり。日本語しゃべってくれれば文句ないw

グレアム&クライブのオタクネタもほぼ分からないワケですが、危機的状況にあってもそのどっぷり浸かってる感が拭えない感?が微笑ましくもあり。もっとも、アタシとしては、当然ですが、軽度ならともかく、あそこまで重症(クリンゴン語ってなんだw)なオタクは No Thank You!
posted by のりすけ at 21:56| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

劇場『ニューイヤーズ・イヴ』

原題『New Year's Eve』
2011年 アメリカ
監督:ゲイリー・マーシャル
出演:ハル・ベリー、ジェシカ・ビール、ジョン・ボン・ジョヴィ、アビゲイル・ブレスリン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ロバート・デ・ニーロ、ジョシュ・デュアメル、ザック・エフロン、ヘクター・エリゾンド、キャサリン・ハイグル、アシュトン・カッチャー、セス・マイヤーズ、リア・ミシェル、サラ・ジェシカ・パーカー、ミシェル・ファイファー、ティル・シュヴァイガー、ヒラリー・スワンク、ソフィア・べルガラ

実はあんま観る気なかったんだけど、上映時間の関係で選択。まぁキャストも盛り盛りだし、アシュトン・カッチャーも出てるし、まぁいっか〜、てな案配w

まずアビゲイル・ブレスリンちゃんがスッゲーかわいくなってておねいさんびっくりよ。ああいう子が娘だったら鼻が高いよねぇw 彼氏の方がちっともかわいくなかったけど。15歳が大人だとも思えないけど。つーか普通の親なら、お祭りだからって深夜のあんな人ごみの中へ可愛い娘(or息子)をひとりで行かせたりしねえよ。って思うのはアタシがアメリカ人じゃないからですか?あんだけ人がいて怖い人が混じってないワケないじゃないか!!

次、ザック・エフロン。基本ああいうノリの若い男って絶対アタシは合わないと思ってますがw でも傍目で見る分には楽しいよね。元気が良くて若くて、しかもイケメンなら目の保養に最適w なんだかんだ勝手なこと言いながらも、結局引っ張ってってくれる男が正直アタシも欲しいです・・・どっちかっつーとアタシの方が引っ張ってっちゃう質(タチ)なのは置いとく。置いとくったら置いとく。

最後のおかあちゃんとボンボンの件がよく分からなかったんですけど。何アレ。必要だったの?w

ヒラリー・スワンクとロバート・デニーロのエピソードは、ベタすぎてなんともなぁ。でも激しくもらい泣きwww 涙腺もろすぎサーセンwww


新年だから、ともかく何か切り変えたいよね。年が新しくなったら、自分もどこか新しくなりたいもんなんだね。アタシはけっこう成り行き任せばっかりなんだけど、できるだけ能動的に選んでいきたいなぁ、と思ってはいるw どっちが正解かを考えるのとか面倒なんだけどw 空からアタシだけにさんおくえんが降ってくる夢とか見たいデス。


追記!
posted by のりすけ at 20:22| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする