2012年03月16日

劇場『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

原題『Extremely Loud and Incredibly Close』
監督:スティーヴン・ダルドリー
出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴァイオラ・デイビス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト、ゾー・コードウェル他

いやあ泣いた泣いた。劇場内、私ともう一人の女の人の2人しか居なかったんだけど、2人ともじょびじょばずりゅずりゅw その劇場(太田コロナシネマ)が今月いっぱいで閉館だそうですが泣いたこととは全く関係ないです。

ちっともわざとらしくないのに大泣きってことは、それだけ訴えかけるモノが大きいってこった。日本人ならどうしても911を311に重ねちゃうと思うけど。。。アタシは災害ではないけど、やはり「ある日突然、父親を亡くした」わけで。まー当時アタシは中学2年だったし、2つ下の弟の方がショックは大きかったでしょう。男子の方が、父親の影響は大きいよね、きっと。彼はアタシには何も言わない。けど母には言うらしい。まぁ言えるだけマシってことかしらね。

なので私の坊ちゃんと、その父親の関係については慎重に執り計ろうと思っているわけですが、めんどくさすぎてうまくできないかもしれない事も多々あるような気はしてますw それでもあのちんちくりんが大人になって、ちゃんと自立できるよーになるまでは、アタシ死ねないわ。って思うから。だからすんごい泣けたんだと思う。自分で書いてて理解不能な気がしないでもないですごめんなさい(/_;

映画自体は終始息子視点で描かれていたようですが、たぶんアタシはずっと大人目線だった気がする。まぁあのオスカーの、ちょっと特殊な性質(いろいろ怖がったり執着しすぎたりする)をよく知らないからってのもあるけど、それより弟に重ねて見てた感じ。ガタイはデカイくせに心が脆いんだ。口では大胆な事も言うけど、すんごいビビリというか。

父が亡くなった当時は、詳しいことは教えてもらえなかったので、あえて聞かなかった。確か2〜3年前ですね、やっと母から聞けた父の死因。この鈍いアタシですら何て言うべきか未だに分からないのに、弟が知ったら本当に心が折れる。こればっかりはオスカーと違う。あ、弟の事はどうでもよかったですね。すみません。でも他に書けることがありませんでした。
posted by のりすけ at 22:29| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。