2012年03月27日

DVD『Dr.パルナサスの鏡』

原題『The Imafinarium of Doctor Parnassus』
2009年 イギリス/カナダ
監督:テリー・ギリアム
出演:ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル、リリー・コール、アンドリュー・ガーフィールド、ヴァーン・トロイヤー、トム・ウェイツ

ストーリーがどうかより、ヒース・レジャーの遺作だから観たかったのよね。やっぱ全部ヒースがトニーを演じてほしかったなぁ。。。顔が変わるとどうしても印象が変わっちゃうもんね。つーか「鏡の中に入ると顔が変わる」ていう設定を他の人にも使っ・・・ちゃったら大混乱か、そうだよなー。ただでさえ何が起こってるか把握するだけで厄介なのにw

で結局トニーの額に書かれてた模様は何だったの?関係なくなったの?つーか鏡の中で死んだりしてもアリなの?誰かの想像力で生き返ったりしないの?あのパイプは何の役に立つはずだったの?アタシが分かってないだけ?馬鹿は承知ですけど、こんなに分かんないことだらけだったなんてorz

しょうがないので解説サイトみましたごめんなさい。それでも全部は解決してないんですが、まぁオリジナル脚本だそうなので、そんなもんかとw ということはアレか、トニーが登場時首を吊ってたのはパフォーマンスだったのかな。記憶喪失になってたのは謎だけど。新聞拾って記憶が戻ったんだよね?一瞬だったんで事の重さを把握してる暇がなかったのよ。だからトニーがどんだけf×cking bastardなのかは、アントンが子供の姿で叫んでた内容くらいしか分からないのよね。死に値するほどの人物だったのかどうか・・・結果的にはそうだったってことだけど。

つまり彼女が自分を救うために彼を拾って捨てた、という話だったのかー。 <たぶん違う
posted by のりすけ at 09:59| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。