2012年05月18日

劇場『幸せの教室』

原題『Larry Crowne』
2011年 アメリカ
監督:トム・ハンクス
出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、ブライアン・クランストン、セドリック・ジ・エンターテイナー、タラジ・P・ヘンソン、ググ・バサ=ロー、ウィルマー・バルデラマ、パム・グリア、ラミ・マレック、ジョージ・タケイ、グレイス・ガマー、リタ・ウィルソン、ジョン・セダ、リチャード・モントーヤ、マリア・カナルス=バレッラ、ホームズ・オズボーン、デイル・ダイ

安心して観られる分、感動も少ないというか。どうしてあの先生を好きになれるのかイマイチ分からないわけですが、「美人教師」ていう設定なんですよねきっとw いやまぁ、ジュリアロバーツきれいっちゃきれいだけどさ。「すてきな人」な雰囲気を醸してなかったじゃないすか。真面目なラリーさんと一緒になれば、あのアル中一歩手前みたいな先生もまともなレデーになるかもね?という気はする。するけども。

つか結末に至るまでに、ラリーは相当な努力をしたけど先生はまったく素のまんまだよな・・・これどういう見方をしたらいいのかw

もしかして、変な男につかまって腐って飲んだくれてたとしても、運が良ければマトモな男に拾ってもらえてハッピーエンド!よかったね!!ていう可能性を捨てちゃいけないということでしょうか!!!じゃあアタシ心置きなく飲んだくれる!!!!そして手当たり次第当たって砕ける!!!!!

まーたぶん違うっていうか、男性目線で作られてるんだよね。だから女性目線で見ると微妙なんだよねきっと。つうかタイトルがまんま「Larry Crowne」だからね。一人称な物語なのよね。しょうがない。確かにトムハンクスには合ってる気がする。ポケットティッシュいっぱい準備してったけどちょっとしか使わなかったよ。
posted by のりすけ at 18:46| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。