2012年11月03日

劇場『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』

2012年 日本
監督:金田治
出演:石垣佑磨、大葉健二、森田涼花、永岡卓也、滝裕可里、西沢利明、穂花、三浦力、岩永洋昭

いや初代ギャバンの人が濃ゆ濃ゆなのは知ってたし、そういう雰囲気も少しは覚悟してったつもりでしたが、全編に渡って昭和の香りがぷんぷんしてるとは予想だにしておりませんで。特に拳で語り合うシーン・・正直目頭が熱くなった(たぶん意図された感動ではないと思われる)。さすがに30年前そのまんまのノリで良いワケないだろwww 普通にアレ、殴る必要ないよね。21世紀の展開ならw でも2人でマクー空間とやらに飛ばされて、なんだかよくわからないアトラクションで遊んでた風なシーンはわりかし良かったと思う。それまでもその後もべったりどっしりガッツリ、だから、あすこで一休みって感じだよね。

一番笑ったのは、冒頭のイジリーさんが逝くシーンで満場一致かと思われます。

まぁしかし主役のひと、良く動けるもんですね・・ダブル変身のシーンも動きのキレが2人びったり合ってるし、2代目を継ぐのにふさわしい目力(めぢから)ですし。シリーズものドラマも作ったらいいんじゃないですかねぇ。枠がなきゃ戦隊を休(以下自粛)

ゴーバスターズの方に出たときも驚いたシンケンイエローの人ですが、かぶりものをかぶってるときのアップはどうにもかわいくない、と思いました。アタシだけだろうかw まーアタシ的にはグラドルとかどうでもいいし、正直すーちゃんであろうとなかろうとどうでもよかった、のはココだけの話。

あとは、伊達さんがひょっこり出てて「わー!」って言ってたら変身シーンが妙にユルユルで「え〜〜〜?w」なんつってたり。オリジナルを観てないのでなんとも言えませんが。。。終わって帰るとき坊ちゃんに「伊達さん出てたね!」って言ってもしばらく思い出してくれなかったり。いや、まったく思い出してくれなかったわけではないので良しとする(・∀・)

要はギャバンをリアルタイムで観てたお父さん世代がメインターゲットなのだと思います。今リアルタイムで戦隊とか観てる子の、親くらいがちょうどそうなのか?アタシはたぶんそうだけど、きっと平均はもう少し下のような気がするぞw んでもあの昭和の香りは、確実に親狙いだよね。どうなんだろう。私でさえ昭和を懐かしむ趣味は持ち合わせていないというのに。公開1週間後に観たけど、ガラガラだったし(^_^;

余談ですが、同じ劇場の同じ時間に、同じ保育園のお友達父子が居ました。ソコんちの子は、ギャバンの主題歌をほぼ歌えてましたw 父さん・・素っ気ないフリして実は熱い漢なのか・・・!
posted by のりすけ at 00:01| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする