2013年03月31日

劇場『オズ はじまりの戦い』

原題『Oz: The Great And Powerful』
アメリカ 2013年
監督:サム・ライミ
出演:ジェームズ・フランコ、ミラ・クニス、レイチェル・ワイズ、ミシェル・ウィリアムズ、ビル・コッブス、トニー・コックス、(声)ザック・ブラフ、ジョーイ・キング

『オズの魔法使い』の前日譚。もちろん『オズの魔法使い』はむか〜し昔に観てたけど、オズその人についての記憶は全く残っておりませんでw オズそのものについて、あんまし興味も持ってなかったのが事実だったりするし、もっと言うとジェームズ・フランコが個人的にピンとこないっつーか、タイプじゃないので、予告を観た時点で、どうなんだコレ・・!と思ってたのが本音。あはははー。

まぁしかし、さすがのディズニーが手がけてるだけあって、よく出来てます。ディズニーの何が良いって、ストーリーと教訓がちゃんとしてるのがイイ(^_^; それだけでも筋が通るというもの。オスカー君の腐ってた心が洗われて、“ちゃんと”“良い人になろう、と”“思い至る”というプロセスがあるのが素晴らしい。ただしそのときどきのジェームズ君の表情が、私的に、あんま好きじゃない。ゴメンほんとゴメン。

この手の、と言っちゃっていいかどうか分からないけど、リアルを求めたファンタジー作品の場合、けっこうな手間がかかるんですよね、衣装とかセットとかw 今作がどのくらい子供向けなのか分かんないし、シリーズ化を視野に入れてるかどうかも知らないけど、このレベルの作品を採算とか気にしてないのか?もしかして?と思えちゃうくらいにやっちゃえるディズニーさんには頭が下がります。正直、日本ではそんなに話題になってないでしょ。今のタイミングだとドラえもんに完全に食われてるんじゃね?

まー日本はどうでもいいかもです。「オズのシリーズ」がそもそも流行ってないらしいし。ていうか私はその新作ドラえもん映画も観た方がいいかもしれない、とチラと思ったりもしたけど、そのうち、半年も待てばテレ朝で放映してくれるんぢゃねえべかとふんでおる。

ていうか、ゴチャゴチャ言ってねえで『オズの魔法使い』をもっかい観ようそうしよう、っつー話だね。そーいやマイケル・ジャクソンが出てるバージョンのDVD買ったわ、だいぶ前に。観なきゃだよーw
posted by のりすけ at 21:53| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

DVD『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』

2008年 日本
監督:本木克英
出演:ウエンツ瑛士、北乃きい、田中麗奈、大泉洋、間寛平、河本準一、ブラザー・トム、星野亜希、上地雄輔、中川翔子、寺島しのぶ、ソ・ジソブ、佐野史郎、笹野高史、萩原聖人、向井地美音、佐々木麻緒、荒木博斗、室井滋、緒形拳、(声)田の中勇、伊集院光、柳沢慎吾

1作目(http://catwatchamovie.seesaa.net/article/113241782.html)でも言ったけど、やっぱり、大泉洋を除いては、ねずみ男を実写化できる人物はおるまいて。彼の全国進出を待っていたのだろうよ、鬼太郎実写化は。と思わずに居られないレベル。

しかし今回はシリアスに攻めてますかしら。前作の方が登場人物の中の人のギャラの総計は高かったんじゃねーかと思えなくもない。「いろんなキャラが派手に出てくる」だけでけっこう尺とるじゃないっすか。その辺が今回少なかったっつーか派手さがあんまなかったような。子供が見るには地味だった感じかしらね〜。未就学児的には、つまんないところもままあった様子。

鬼太郎が大した仕事してない(主にご先祖様に助けられてばかりだったりする)割に仲間たちやネズミ君が何気に良い仕事してたりして、脇役たちの見せ場の方が多かったよね。砂かけ婆かなりがんばってる。まー主役が主役たりえるほどのアレが無いんだからしょうがない。猫娘ちゃんの気持ちとか、個人的には掘り下げてくんなくてもぜんぜん構わないんでありますけれどもw 鼠と猫の掛け合いは今作の見所って感じですかね?

つーか蛇骨婆って佐野史郎?! そりゃ気付かん! 室井滋と取っ組み合うシーンは、なんつーか複雑だw とりあえず、「シャーーッシャッシャッシャ」が『琉神マブヤー』に出てくるハブデービル(だったかな?)のソレと、もろカブリな気がするんですが気にしたら負けですねそうですね。

ぬらりひょんは故・緒形拳でした...どっかで見た顔だよな〜と思いつつ、エンドクレジット見るまで思い出せなかったorz 今作では悪役だし真面目で堅物で孤独なキャラクターだけど、ジャンプで連載してた『ぬらりひょんの孫』では善人で仲間がたくさん居て基本ユルいけどシメるところはシメる、的なキャラクターだった。まー想像の産物(?)だし、解釈によっていろいろ語れるってことでしょうか。

最後に、北乃きいという人をワタクシ今回初めてきちんと認識することができたのでありますが、真面目な話、上野樹里と見分けがつきませんwww 誠にごめんなさい。中の人の性格(≒キャラ設定)とかはどうでもいいです。顔が同系統で、見分けがつかぬ。他の出演作とか観てないし、善し悪しを言うつもりもないんですが、同系統なら早いもん勝ちじゃね?と。思ったけど、まぁ、どうでもいいです。トランペットだって”口パク”だったんだし、ホントどうでもいいです。
posted by のりすけ at 21:27| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする