2014年07月25日

劇場『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

2014 アメリカ
監督:ダグ・ライマン
出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン、ジョナス・アームストロング、トニー・ウェイ、キック・ガリー、フランツ・ドラメー、ドラゴミール・ムルジッチ、シャーロット・ライリー、ノア・テイラー、羽田昌義、テレンス・メイナード、ララ・パルヴァー
原作:桜坂洋『All You Need Is Kill』(集英社刊)

原作は読んでないです。でもスゲー入れた。入り込めた。ループの条件とか、ループの起点とか、"こっちがループできてる間はあっちはできない"とか、ビミョーに分かりづらいところはありますが、前半は細かいところでたくさん楽しめます。毎回ちょっとずつ芝居を変えるトコと変えないトコとあったり、パターンを重ねるごとに手練になってゆくトムのキレ度合いの変化や、ときおり混ざるコメディシーン。考え抜かれてます。よく考えられてるし、役者の皆さんも非常に良い仕事をしていると思う。

徐々に思いが重なってゆくけど、それはあくまでもケイジだけの経験であり憂いであり苦しみであって、誰とも共有することはない。何十回も何百回も、彼を彼女を救おうと思ってひたすら試み、進んで、戦い、死ぬ。ふりだしへ戻る。切ないにも程がある。

最初はやる気ナッシンだった筋肉なさそうなオッサンが、見る見るウォリアーへと変遷を遂げる様は見事です。トム的には慣れてるアレかもしんないけど(笑) 尺の長さ的に、そこのところをきちんと描けているのがエライ。何しろ筋肉だけじゃ解決しない話ですからね。筋肉で解決するパートと、頭を使うパートと、特殊アイテム(爆)を探す&使うパートと、ラスボスのところへ行くために仲間を使うパートと、ラブと。いろいろあるんだから!

盛りだくさんだから丁寧に描いてるんだけど、設定上これはこうだから。って言うしかないところだけは、実はよくわからないw 最大難関は、クレイジー扱いされた研究者のおじさんです(名前忘れたw)。何をどうやってオメガの居場所が分かったのか、脚に突き刺せば分かるツールがどーやって作れたのか、なぜ軍の基地では作れないのか、何も分からないw でもきっと説明しようとすると尺が足んねーんだよなきっとな!(^_^;

とりあえずその、わたくし個人的には、ケイジ君の気持ちが途切れなかったことを褒めてあげたい。休暇無しで毎日戦争してた状態ですよ。毎日、全力で生きて、死んで終わる。くじけるだろーーー。たまには怠けてさっさと死んだ日もあったかもしんないけどw それでも、考えて、工夫して、挑戦し続けることを諦めなかった。最悪なループを抜け出す方法を模索することを諦めなかった。ありがとうケイジ!ありがとうトム!(?)

結論としては、そおゆう繰り返しのきかない私たちは、一日一日を悔いのないよう、大事に生きるべきだね。と思った次第です。ツッコミ歓迎しますお(*^_^*)
posted by のりすけ at 00:02| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。