2014年10月23日

劇場『ジャージー・ボーイズ』

原題:『Jersey Boys』
2014年 アメリカ
監督:クリント・イーストウッド
出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリカ・ピッチニーニ、キャスリン・ナルドゥッチ、ルー・ヴォルペ、スティーヴ・シリッパ、ジョニー・カニッツァーロ、マイケル・パトリック・マッギル、スコット・ヴァンス、スティーヴ・ランキン、イヴァル・ブロガー、ジョセフ・ルッソ

やっぱり歌がスゴイ!ストーリーそのものは目新しくないけど、歌だけでもじゅうぶんお腹いっぱいになれます。吹き替えじゃないし、現場で本当に歌ってたらしいし、迫力ありますよ。日本でもどっかで聞いた曲ばかりですから、へーこれもか、これもか!ってずっと言ってたw 要は『フォーシーズンズ』自体を良く知らなかったからですw スミマセン。

あとナレーションが面白い。舞台でも同じ手法を使っていたらしいですけど、映画でやるのでは勝手が違うワケですよ。でも、最初に「?!?!」って思っただけで、あとはもう普通ですね。つまりメインの4人が、持ち回りで、観客に向かって解説いれるの。このときの背景はこうだったとか、俺はこう思っていたとか、アイツはきっとこう思っていただろう、みたいなのを、カメラ目線で喋るわけ。冒頭がソレで実に困惑したのはココだけの話w でも、面白い。こーゆーのもアリなんだなぁ。

年代的には、Big Band Jazzも流行り始めた頃?いろいろなものが沸き起こっていた時代なのかしら。破天荒(もーホントついてけないレベル)ではあるけど、勢いがあってイイヨネ。尤も、才能があって初めて掴める切符なわけで、結局世の中動かしてんのは、べらぼうに金持ってる奴もしくはマフィア、ってことなのだろうか。

個人的には、ファルセットは別に好きじゃないですwww ファルセットと言って思い出したのが森山直太朗氏ですが、彼の「さくら(独唱)」には随分泣かされました。話を戻しますと愛を囁いていただけるなら断然、"後ろからそっと耳元バリトン"です(誰も聞いてないし戻ってない)。あ、好みとしては囁きながら襲っ(以下自粛
posted by のりすけ at 00:35| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

BD『劇場版TIGER&BUNNY -The Rising-』

日本 2013年
監督:米たにヨシトモ
出演(声):平田広明、森田成一、中村悠一、寿美菜子、楠大典、伊瀬茉莉也、津田健次郎、井上剛、岡本信彦、遊佐浩二、小山力也、水樹奈々、麦人、大塚芳忠

良くも悪くもライアンちゃんのウザさ。これに尽きる。他は特にコレと言って。姐さんの過去を絡めるあたりは良い感じだったけど、全体的には既に出来上がってる物語の「その後」ですもんねぇ。

個人的には、いつかルナティックとの決着をつけていただきたいと思うところではあるのですが、いかんせんタイガーがあれでは。バニーのモチベもどうなんだっつー話もあるし。まー他にもねローズとかね、いろいろ気になる部分はあるので、それなりに続編とか出ちゃってもイイヨ・・・と思ってますけど。

あの、声優さんがステキなのは分からないでもないけど、顔見てもしょーがねんじゃね?って思う程度のファンレベルなのね、アタシは(笑) だからこの特典映像の盛り上がり方って微妙についてけない感じなんだけど、話が面白いことは面白いんで、生暖かい目で見守っていきたいと思います。たまにコンビニで600円のくじ引いてグッズ当てるやつが300円で投げ売りされてたら買う程度(汗)

で、うっかりBD版買っちゃったんですけど初ブルーレイなんすけど、つまりBDプレイヤーを買いました。買っちゃいました。で、MacBook Proにフリーの再生ソフトを入れたんですが、画面のど真ん中に「正規版はこちら!」的なURL等が表示されたまま観ました(笑) 超ウザいけど、あんがいノープロブレムw

twitterでタニタ公式がライアンちゃんネタですごい盛り上がってて、もうちょっとでタイバニ仕様の体重計を買うところでしたよ。あぶないあぶない。ちなみに今アタシが使ってるのはオムロン製www

どこでもドア的なNEXT能力ってあったら欲しい。
posted by のりすけ at 21:52| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする