2015年06月24日

DVD『ハート・ロッカー』

2008年 アメリカ
原題『The Hurt Locker』
監督:キャスリン・ビグロー
出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース、エヴァンジェリン・リリー、クリスチャン・カマルゴ

最初のうちってジェームズさんが意味不明なことをやらかす人って扱いだったじゃないですか。だからサンボーンとエルドリッチの目線で見てたわけですよ。だんだん打ち解けてきてチームらしくなってきたかなーと思ったらエルドリッチ君が退場でしょ。えーサンボーンかわいそーとか思ってたらいつの間にかジェームズさんメインになっちゃってさ、ジェームズさんだけに感情移入してくださいって感じになっちゃってさあ、困ったワケ。

ジェームズさんのその後をやるなら、エルドリッチもサンボーンもその後を見せてよ。気になるじゃん。爆弾処理班の生き様はジェームズさんのそれだけじゃあないだろう。すげえモヤモヤする。観終わってからオーディオコメンタリーまで観て、それでもモヤってる。

ガイピアースはまだ良かったけど、レイフファインズはちょっとかわいそーだったかなぁ(^_^; もうちょっと活躍してくれても良かったのに。デイヴィッドモースだけは何しに出てきたのか分からない。きっとそういう大佐が本当に居たのだとしても、別に出てこなくても良かったんじゃね? 大勢に影響ないよね?ジェームズさんに「873個」って言わせたかっただけかな。

なんつうか今まで(特に最近)観た戦争映画の中で言うと、ショックは少ないんですけど(汗) 爆弾そのものの恐怖もそうだけど、イラクとかの紛争地帯では、そこで日常生活を送ってる人もいて、そのすぐ隣に兵器や爆弾が常にある。っていう怖さがよくわかります。そういう環境に適応しちゃうってことはさぁ、普通じゃないんだからさぁ、戻れるわけないじゃん、平穏な生活になんか...

※2015年 14本目
posted by のりすけ at 19:45| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。