2015年11月26日

DVD『カティンの森』

2007年 ポーランド
原題『KATYN』
監督:アンジェイ・ワイダ
出演:マヤ・オスタシェフスカ、アルトゥル・ジミイェフスキ、マヤ・コモロフスカ、ヴワディスワフ・コヴァルスキ、アンジェイ・ヒラ、ダヌタ・ステンカ、ヤン・エングレルト、アグニェシュカ・グリンスカ、マグダレナ・チェレツカ、パヴェウ・マワシンスキ、アグニェシュカ・カヴョルスカ、アントニ・パヴリツキ、クリスティナ・ザフファトヴィチ

何度も書いておりますが、歴史には疎いものでポーランドとソビエトとドイツがどういう関係だったのかも良く分かってなかったわけです。が、これは、けっこうショックです。

連れ去られた将校たちの残された家族の姿を追って物語は進んでいって、最後に長らく謎だった”事件”の真相が明らかにされる。

「処理」ですよ。人を扱ってるという意識じゃない。人の命を、こんなふうに扱って正気でいられるのか。1万何千人もの人を殺めるのに、一人ひとり後頭部の決まった場所へ銃で撃つという、ひどく丁寧でいて且つ残忍な”流れ作業”が淡々と綴られる。後手に縛られ、目を見開き、累々と折り重なる躰、躰、躰。その上から重機で土が被せられる。異様としか言いようがない。よくぞ映像化したものです。

スターリンだけが悪かったというわけではないでしょう。戦争って、そんなに人を異常にしちゃうのか。。。

まだ若い「甥」の結末も悲惨。こういう(親が犠牲になり、社会に反発するような)子は少なくなかったのではないかと思うけど、救ってあげられる大人は少なかったのかもしれませんね。

ポーランドという国そのものも、そこに暮らす人々のことも、あんまりハッキリしたイメージを持っていなかったけど、「気概のある人たち」なのかなぁ、と思いました。


※2015年 21本目。ラストスパートがんばります(笑)
posted by のりすけ at 19:51| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。