2016年04月22日

DVD『アメリカン・スナイパー』

2014年 アメリカ
原題『American Sniper』
監督:クリント・イーストウッド
出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、ケヴィン・レイス、コリー・ハードリクト、ナヴィド・ネガーバン、カイル・ガルナー、ベン・リード、エリース・ロバートソン、ブランドン・サルガド・テリス、キーア・オドネル、マーネット・パターソン、サミー・シーク、ティム・グリフィン、ルイス・ホセ・ロペス、ブライアン・ハリセイ、ミド・ハマダ、ケーテ・メイザー、サム・ジェーガー、チャンス・ケリー、ロバート・クロットワーシー、エリック・クローズ、レイ・ガイエゴス、エリック・ラディン、ビリー・ミラー、レナード・ロバーツ、ブランド・イートン、ジョナサン・グロフ、オウェイン・イオマン

最後の最後に、思い出した。本人は亡くなってたんだって、知ってたこと。そのくらい入り込めた。主演のブラッドリー・クーパーは、ただのイケメンじゃなかったって、心から思う。また観直したいって思える数少ない作品のひとつですね。手に汗を握るのではなくて、思わず固めた拳をなかなか開くことができなかった。

中東を舞台とした映画を作るにあたって、ロケ地として使える場所っていうのが恐らく限られているのでしょう。今までに観た戦争を扱う映画でも、どうやら同じ場所でロケしたっぽいシーンがあったようです(^_^; まぁ、まぁ、仕方ないですよ。それぞれの監督さんも気を使ってくれてるでしょうし、私はそんなに気にしませんw

戦地に赴く夫を持つ妻の思いというもの。本当に辛いのは夫なんだけど、その夫の心には妻や家族が一番近くにいるべきって皆が思ってて、でも実のところ全然そうじゃなくて、なのに言葉の上では、夫は皆が望むことを言う。でも心だけが居ない。おかしくもなりますよ。体だけ無事に戻ってきても、これでは辛い。

アメリカでは、いろんな場面でのカウンセリングというものが広く浸透しているらしいですね。日本には退役軍人と呼ばれる人は居ないのでしょうけど、サラリーマン向けのカウンセリングというのも、もっともっと浸透して欲しいと願ってやみません。若年向け、中高年向け、どちらもね。世の中ってなんでこんな辛いことばっかりなんだ。

ざっくりとレビューをググると、ぜんぜん分かってない人が3割くらいいる(汗) 「アメリカ人が感動するだけの映画」だとか、「ISとの戦いを意識したプロバガンダ映画」だとか、「アクション映画じゃないからアカデミー賞はとれなかった」だとか。世間に公開されたモノは観る人の評価を甘んじて受けるのみ、とは言え観る側も最低限の社会勉強はしておかないといけませんね。

イーストウッド御大、今年86歳(汗) すごいよ。


※2016年 5本目。
posted by のりすけ at 22:01| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする