2017年01月31日

DVD『ピクセル』

2015年 アメリカ
原題『PIXELS』
監督:クリス・コロンバス
出演:アダム・サンドラー、ケヴィン・ジェームズ、ミシェル・モナハン、ピーター・ディンクレイジ、ジョシュ・ギャッド、ブライアン・コックス、アシュレイ・ベンソン、マシュー・リンツ、ショーン・ビーン、ジェーン・クラコウスキー、ダン・エイクロイド、アフィオン・クロケット、レイニー・カザン、デニス・アキヤマ、トーマス・マッカーシー、ティム・ハーリヒー、ジャッキー・サンドラー、ウィリアム・S・テイラー、ローズ・ロリンズ、タッカー・スモールウッド、セリーナ・ウィリアムズ、マーサ・スチュワート、アレン・コヴァート、セイディ・サンドラー、サニー・サンドラー、ダリル・ホール、ジョン・オーツ、マット・フルーワー

息子9歳と一緒に見たので、吹き替えだったんですけどね。アダムサンドラーは柳沢慎吾ちゃんだったんです。あのね。慎吾ちゃんが「面白い人」なのは否定しない。けど声優じゃないんだ。演技もダメじゃないけど、あの声は、、、ぶっちゃけ主人公の声じゃないと思う。アダムサンドラーの顔にも合ってないし。

で、息子9歳がハマったwww 数日にわたって何度も見返して、エンドロールに流れる曲を口真似してましたよ(笑) ただし、どこまで理解してたかは謎。ストーリーの話は一切しないで、エンディング曲だけ延々と歌ってた・・・

ゲームはルールが大事。ルール・設定・前提・過去のトラウマ、と言った背景がキッチリしてて、分かりやすかったと思う。パックマンはもちろんアーケードで現役だった頃も知ってるけど、ちゃんと遊んだことはなかったけど、懐かしくて嬉しくなっちゃいましたね。

いやぁ、私はアクション要素のゲームは苦手なんですよw モンハンも好きだけどド下手くそでオン友にも見放されるレベル(汗) 専らRPG(ドラクエ、UOなど)で黙々とレベル上げ・スキル上げ、行き着く先はカジノかガーデニングか、とゆー隠キャです基本w

わ、私のことはともかく・・・独特な佇まい且つ超声が良いピーター・ディンクレイジさん、今作でもブッ飛んでて大変宜しいですね〜(笑) 出演作たくさんは見てないですが、X-MENの時といい、偉そうな態度の役が何気に似合ってるとゆーかハマってるとゆーか、面白いんですよね。背は低いのに、むちゃくちゃ上から目線というw

扱ってるモノがモノだけに、なのかどうか、やっぱり仮面ライダーエグゼイドの設定と似てるところもあるとゆーか、エグゼイドがもしかしてコッチをインスパイヤしてるのか(笑) 知らんしどーでも良いですねそうですねw

トロフィーのオレンジタコ(名前忘れた)がかわゆす。なぜ美女キャラに変身したのか、なぜ子供までできちゃうのか、色々謎っつかネーヨと思うけど、オチとしては完璧です(笑)
posted by のりすけ at 00:02| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

DVD『仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート』

2016年 日本
監督:石田秀範
出演:稲葉友、蕨野友也、上遠野太洸、井俣太良、はねゆり、野間口徹、竹内涼真、内田理央、松島庄汰(声)、馬場ふみか、吉井怜、浜野謙太、クリス・ペプラー(声)、ほか

ハートの人とマッハの人の温度差が妙な感じですけど、演技は演技だ。ちょっと、元々のハート様のキャラってこんなだったっけ?ってところが無きにしも非ずで、ブレンとメディックの演じ分けも難なくこなすシーンなんかお見事なんだけど。なんつーかクールすぎて近寄りがたいイケメン様なんですハート様。

そんなハート様は完璧すぎるが為に、人外代表の進兄さんだけに留まらず凡人代表のゲンさんまでも受け入れてしまうという懐の広さを見せてくださっている今作。正直できすぎててツライ(笑) ベタすぎるとも言う。もちろん嫌いじゃないです(*ノ∀`*)

一方のGoサイドですが、本編の彼女が絡む回、見逃してたくさい(/x_x)/ 「誰?」「なぜ?」「もっと美人いないのかお前の周りには」とか思ってた。ごめんなさい。

つーか旅に出ましたエンドだったよね本編。海外に行ってたと思い込んでましたけど、違ったっけ?(笑) まぁ、いいけど(笑) 詩島きょうだいは2人とも幸せにならないと進兄さんとしても責任感じちゃうし、良かったと思いますよ、ええ、ええ。

あ、チェイスはアレです、先にサーガ出てたから、そんなにロスなかったし(笑) 狩野だっけ?彼もやるときはやる男っぽく見えなくもないので、そういう演出は良かったと思います。Goが単純にチェイスの亡霊(?)に影響されすぎなだけ、とも言う。

だーりおに母親を演じさせるのなんて、もう、無理なの分かりきってるから、監督がどう言おうがコッチとしてはいかんともしがたく。つーか他の人に対しても、けっこう厳しめな監督だったみたいですね。でもみんなちゃんとそれに応えようとして頑張るの、偉いわ。若いのに(*´Д`*)

そして進兄さんが、星飛雄馬の姉さながらに木の影から彼らを見守るとゆー、ライダーとして新しい人外()になったのだなぁ、と感慨(?)もひとしお(??)。変身できなくなったことも含め(「変身できなくても仮面ライダーだ!」って言ってたけどw)、これだけのリア充(結婚→子供もできた)は前例がないんじゃない?(よく知らない)(いい加減にも程がある)(誠にごめんなさい)
posted by のりすけ at 00:50| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

劇場『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』

2016年 日本
監督:ウシロシンジ、横井健司
出演:南出凌嘉、山崎賢人、斎藤工、浜辺美波、黒島結菜、武井咲、澤部佑、遠藤憲一、渡辺優奈、福田徠冴
声の出演:戸松遥、関智一、小桜エツコ、遠藤綾、重本ことり、梶裕貴、潘めぐみ

アニメのビジュアルをそのまんま実写にできるわっきゃねえんで、全く期待してなかったんですが、割と忠実でしたね(笑) むしろケータだけだよ、かけ離れてたの。他はけっこうアリでした。クマとか、いやほんと(笑) あー、ハライチのネタは嫌いじゃないけど真面目に聞いてると疲れるんで、単独でバラエティ出てるの割と正解なのかなーって勝手に思ってますけどw

儲かってるだけあって、十分お金かけてるんだろなーって思いました。アニメパートと実写&CGパートをこうも頻繁に切り替えるとね、、、さすがに手間がかかってそうだなぁ、と。儲かってるんだろうなぁ(笑)

でもってストーリーも悪くなかったよ。トンデモやこじつけを以って設定と為すしかないもんね、物語のベースがそもそもトンデモだしw 閻魔様とぬらりの人が踊ってたくだりは意味がわかりませんでした。やっぱしフユニャンのキャラが好きですね。クッソ真面目の天然イケメンヴォイス(笑) あと、ピチピチでした。すっごくピチピチでした!

あーーあと人面犬の人だ。うん、本当に一瞬出ただけよね(笑) アレだけのチョイ役なら他にもいろんな人呼べば良かったんでねーの?と思えなくもない。

毛穴世界ってアッサリ言ってるのもケータっぽくて良い(笑) Dr.スランプで、アラレちゃんを初めて見たアカネちんのお姉さんに「鼻の穴がない!」と言われ、センベエさんが「マンガだからいいんだ」とか言い訳をするシーンを思い出した。お姉さんは鏡をみて「へえ、便利ねえ」とか言ってた気がする(笑) 私も個人的には毛穴も鼻の穴も無い世界が良いと思う。きっとシミもないだろうし(笑)

そんなとこでしょーか。いつまで続くのかしらねぇ。。。
posted by のりすけ at 22:07| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

劇場『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』

2016年 日本
監督:坂本浩一
出演:飯島寛騎、西銘駿、瀬戸利樹、山本涼介、松本享恭、磯村勇斗、松田るか、大沢ひかる、岩永徹也、柳喬之、小野塚勇人、甲斐翔真、工藤美桜、白石隼也、竹内涼真、棚橋弘至、鈴之助、山本千尋、高野洸、博多華丸、野村宏伸、佐野史郎

まず、『ピクセル』とそっくりなのですよ。いや、このライダー祭り見るまで『ピクセル』も見てなかったんですけど、見たいと思って持ってたの。で今作のDVD付きパンフレットについてきたDVD(?) のラベルが、『ピクセル』のパッケージとそっくり。

↓↓↓参考画像↓↓↓
パックマン的な

確かにね、パックマンを怖いと思える視点つったら真正面なのわかるけど、あまりにも酷似(汗) パクリとまでは言わないけど、ちょっとそれはどうなの。慌てて『ピクセル』も鑑賞しましたのでソチラの感想は別に書きますが、とにかく「パックマンは、つまりゴーストでしか倒せない」というくだりも、まるでコピペのようです。いろいろびっくりだ。

エム君には苦手なゲームなんて存在するのだろうか・・・?

さて本編とがっつり絡みまくりな昨今の映画ですので、ネタバレというか種明かしというか、みたいな位置付けで続いております。もースピンオフまで見ないと全体を把握できないとか、盛りすぎにもほどがあるし、1年で終わらないなら2年でも3年でも続いてくれて一向に構わんのだが...? とゆー勢いなのは否めない。

ただただ、ヒョロヒョロの頼りなさげな優男的イケメンばかりなのが個人的にはとてもとても残念です。この有様を思うと、松坂桃李(シンケンレッド)は体作ってたもんね。偉いよ。

カラダと言えば、ハルトは当時より幾分がっちりしたのではないかしら。それは良いけど、”ウィザードの人”からイメージが遠ざかってしまったのは致し方ないのか。役者としては良いことだと思うけど。

いい加減映画の話に戻るとするとですねw 相変わらず唐突に当然のよーに出現する「今のライダーが先輩のに変身するアレ」と「先輩ライダーが今のに変身するアレ」ですが、今回も酷いもんです(少なくともダメ出しの意味ではない)。ダメな部分があるとすれば、ガシャットで変身するLV1の頭身がおかしいだけの話。あんなに頭デカイ理由ないもんwww 動きづらそうでアクターさん殺しにしか見えないし(汗

良かったところは、ただただアクション。生身のアクションシーンをどう生かすか、に命をかけてると言っても過言ではない監督さんのおかげで、なかなか良いモノを見せてもらってます、毎回。アクション監督はこの人に任せとけ!みたいな空気あるんでしょきっとw ただ総監督やらせると流れとかバランスとか〆とかがゴニョゴニョ、って感じがしないでもないので、、、お祭りだから許す。許す。

つーわけでろくな感想になってないけど長くなったので終わりますw
posted by のりすけ at 00:05| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする