2017年01月30日

DVD『仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート』

2016年 日本
監督:石田秀範
出演:稲葉友、蕨野友也、上遠野太洸、井俣太良、はねゆり、野間口徹、竹内涼真、内田理央、松島庄汰(声)、馬場ふみか、吉井怜、浜野謙太、クリス・ペプラー(声)、ほか

ハートの人とマッハの人の温度差が妙な感じですけど、演技は演技だ。ちょっと、元々のハート様のキャラってこんなだったっけ?ってところが無きにしも非ずで、ブレンとメディックの演じ分けも難なくこなすシーンなんかお見事なんだけど。なんつーかクールすぎて近寄りがたいイケメン様なんですハート様。

そんなハート様は完璧すぎるが為に、人外代表の進兄さんだけに留まらず凡人代表のゲンさんまでも受け入れてしまうという懐の広さを見せてくださっている今作。正直できすぎててツライ(笑) ベタすぎるとも言う。もちろん嫌いじゃないです(*ノ∀`*)

一方のGoサイドですが、本編の彼女が絡む回、見逃してたくさい(/x_x)/ 「誰?」「なぜ?」「もっと美人いないのかお前の周りには」とか思ってた。ごめんなさい。

つーか旅に出ましたエンドだったよね本編。海外に行ってたと思い込んでましたけど、違ったっけ?(笑) まぁ、いいけど(笑) 詩島きょうだいは2人とも幸せにならないと進兄さんとしても責任感じちゃうし、良かったと思いますよ、ええ、ええ。

あ、チェイスはアレです、先にサーガ出てたから、そんなにロスなかったし(笑) 狩野だっけ?彼もやるときはやる男っぽく見えなくもないので、そういう演出は良かったと思います。Goが単純にチェイスの亡霊(?)に影響されすぎなだけ、とも言う。

だーりおに母親を演じさせるのなんて、もう、無理なの分かりきってるから、監督がどう言おうがコッチとしてはいかんともしがたく。つーか他の人に対しても、けっこう厳しめな監督だったみたいですね。でもみんなちゃんとそれに応えようとして頑張るの、偉いわ。若いのに(*´Д`*)

そして進兄さんが、星飛雄馬の姉さながらに木の影から彼らを見守るとゆー、ライダーとして新しい人外()になったのだなぁ、と感慨(?)もひとしお(??)。変身できなくなったことも含め(「変身できなくても仮面ライダーだ!」って言ってたけどw)、これだけのリア充(結婚→子供もできた)は前例がないんじゃない?(よく知らない)(いい加減にも程がある)(誠にごめんなさい)
posted by のりすけ at 00:50| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする