2017年02月01日

DVD『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』

2008年 日本
監督:マッコイ斉藤
原作:うすた京介
出演:要潤、大村学、高橋真唯、小木博明、なぎら健壱、酒井敏也、板尾創路、カルーセル麻紀、金子さやか、板尾創路、安田和博、有吉弘行、西村理沙、YURUKI、田代さやか、小田あさ美

ちょっと期待してた私が悪かった。

"ナンセンスおばか"にはそれなりに慣れてるつもりだし、広い心で見てたつもりでしたけど、やっぱりつまんなかった(笑) なんでかな、期待を裏切ってる部分は無いと思うんだけど。高菜ちゃんがちょっと「かわいすぎた」くらいですよね。

インド映画っぽいダンスシーンすら中途半端で、むしろ有吉がまともに(演技しているように)見えるという貴重な映画と言えるでしょう。小木ハマーのハマりっぷりときたら、ドン引きすぎて影千代先輩も影が薄くなるレベル。

ハミィの説明がビタイチ無かったのは、結果的には良かったのかもしれないw どっち向いてもキャラが濃いし、ジェット噴射で飛んだりする予算もなさそうだしw 誰とも会話すらなく、ピヨ彦にツッコまれすらしなかったのは潔いとゆーか諦めすぎとゆーか...

ともかく、要潤という、うどん県副知事イケメンが思った以上に何もしてない(=ふえを吹かない)のが残念。いや、もともとジャガーさんは何もしてないことが多いけど。ふえを叩くだけでエンターテインメントにしちゃう技術までは、さすがに無かったか・・・。

↓参考(?)
http://getnews.jp/archives/1522854

あ、ジュライのポギーだっけ?アレ結局どーなったの?(笑) まぁ、取っ散らかったまんまで十分ですけどね、ええ、ええ。
posted by のりすけ at 19:55| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする