2017年05月31日

劇場『メッセージ』

2016年 アメリカ
原題『Arrival』
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作:テッド・チャン『あなたの人生の物語』
出演:エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、マイケル・スタールバーグ、マーク・オブライエン、ツィ・マー

「ばかうけ見てきた」

探そうと思えば好きなだけネタバレ読めてしまうので観てない方で先にオチを知りたくない向きはご注意されたいワケですが、しかしSFものとしては評価の分かれるところかもですね。

ちょこちょことあちこちの批評を読んだ上でなので、こまけーことは省きますw







とゆーわけでこの先ネタバレちうい。








ドラえもんで、ライオン仮面(だったかな)がピンチ!さあどうする!というシーン、続きを知りたい今すぐ知りたい来週まで待てな〜い!って場面で「次の週の漫画家に会いに行く」→「別の似て非なるヒーローが現れて助けるんだけど結局ピンチになり、さあどうする!という筋書き」を繰り返してて困ったもんだと思ったもんだ(笑) という話(※だいぶはしょってます)があったのを思い出した。別の似て非なるヒーロー、についてはオシシ仮面とオカメ仮面しか覚えておりませんが他にいたっけ?

「答えを全部知ってる未来の自分」に気づいたら、”そこへ行き着くための努力”は誰がどうやったんだ?って話。将軍に直電はまぁいいと思うけど、言語の解析ですよ。ちょっとずるいと思った。前半がすごく丁寧だっただけにね。

「答えを全部知ってる未来の自分」を常に見ながら、そこに向かって生きていってしまう人生を受け入れること。予知もののストーリーで王道なのは”悲劇的な未来を変えてハッピーエンド♪”というものだろうと思うけど、今作はそうでない。

大きな目で見れば世界(我々と彼ら)は救われたしパートナーも愛する人として得ることができたけど、彼女の本心は救われない。あんな辛い思いをするくらいなら、そうなる未来を選択しないこともできたのだ。けど彼女にとって、他の何よりも変え難い貴重な時間「だった」から、変えることを望まなかった。少なくとも迷っている描写はなかったと思う。

子を失う辛さは想像を絶する。けど失う前に得ていた幸せは、だったら初めから得られない方が良かったとは思わない。まっとうな子育て経験のある親なら皆そう思うだろうと信じている。

ところで「アボットとコステロ」はこちらをご参照ください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD
いくら有名だっつったってコンビで活動しなくなってから60年ですよ...アニメ化かなんかで後の世代にも広く知られてるってことだべか。


☆★☆★☆★☆★☆★


映画をみた翌日、本屋さんに寄るチャンスがあったので探したら原作本みつかっちゃったので、買って読んぢゃいました!(*´ω`*)ゞエヘ

短編集なので『あなたの人生の物語』も短編と呼ぶべき分量です。よく映画化しようと思ったよねマジで。筋書きはほぼ同じだけどSFって言って良いのかねコレ。宇宙人たちってば超親切なだけで目的が完全に謎だし、ばかうけの数がケタ違いなのに世界大戦規模の話にならないので要注意だw

「発射する前に着地点が分かっている」という運命を受け入れるということは、「未来がどうなるか分からないから努力してより良い将来を期待する」という生き方とは相反する、ということか。ルイーズはもう、私たちのように”より良い生き方を選択すること”ができない、ということなのか。

不治の病は避け難い不幸だったけど、「ロッククライミングで滑落死」は避けられるはずだ。予知能力があれば、普通は思う。

異文化を知り新しい人生観を得ることは、知的好奇心は満たされるけども、必ずしも幸せにつながらない。。。
posted by のりすけ at 00:32| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

VOD『アメリカン・レポーター』

2016年 アメリカ(日本未公開)
原題『Whiskey Tango Foxtrot』
監督:グレン・フィカーラ
出演:ティナ・フェイ、マーゴット・ロビー、マーティン・フリーマン、アルフレッド・モリナ、ビリー・ボブ・ソーントン、クリストファー・アボット、ニコラス・ブラウン、スティーヴン・ピーコック、シェイラ・ヴァンド、エヴァン・ジョニカイト、ファヒム・アンウォー、ジョシュ・チャールズ、チェリー・ジョーンズ、トーマス・クレッチマン

邦題だけ見ると真面目そうなのかと思いきや、マーティン・フリーマンが出てきて「あ〜?なぁんだ」みたいな。「今まで真面目に見てて損した〜w」みたいな。”ジャンル:コメディ/戦争/伝記”ってなんだよドコが伝記だよw いろんな意味で戦争って商売になるんだね。という。

おおよそ笑い飛ばしちゃってるけど、そんな喜劇のような悲劇は現実にあるんだろうなぁ。何にせよその中から幸せを見つけて、しかも捕まえるのは楽な仕事じゃないよね。

つーか戦争モノを笑うネタにしちゃうのは日本ではタブーな感じなのかな?だから未公開だったのかも?

そういえば現実にカメラマンな方から意見を伺うのを忘れてましたが、報道関係者は全員、良い画を撮るためならば危険をも厭わない人種なのでしょうか? 勇敢と言うべきか無謀と言うべきか迷うトコですけど...
posted by のりすけ at 23:43| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

劇場『美女と野獣』

2017年 アメリカ
原題『Beauty and the Beast』
監督:ビル・コンドン
出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、ケヴィン・クライン、ジョシュ・ギャッド、ユアン・マクレガー、スタンリー・トゥッチ、ネイサン・マック、ググ・ンバータ=ロー、オードラ・マクドナルド、イアン・マッケラン、エマ・トンプソン

ストーリー上「ベルは特殊なコであった」ことを殊更に強調していたように感じたというか、そうである必要があったのは、勇敢な女性が珍しくなくなった昨今であるからなのか、子供にもわかりやすく説明していたということなのか、私が普通じゃないだけなのか、よくわからないけどちょっとしつこい気がした。「普通のコ」をきちんと写して対比させる手は使えなかったのかな。

ディズニーだし子供が見ても楽しめるだろうと思ってたけど、130分は長いよ・・・何考えてんだよ・・・大人向けだったのなら、ガストン祭りの酒場シーンはもっとえげつなくやって欲しかった。

野獣さん(中の人ではなく)が思ったよりイケメン(=造形が良すぎる)ので、そこだけは失敗だったんぢゃないかと思う。外見が醜いから成り立つラヴじゃなかったんかーい!という。つーかオオカミに襲われたの助けたシーン、野獣王子の動機の説明がなかったよね。ポット夫人にけしかけられたから、じゃないと良いけど。

あと仕える人たちがベルを歌って踊ってもてなすシーン、落ち着いて食わせてやれや、と思ってて歌もCGもぜんぜん入ってこなかったのアタシだけだったと思いたい。

他は良かった。衣装も舞台(セット)もキャストも楽曲も最高。お城に勤める人たちが豪華すぎて笑える、いや泣けるレベル。ガストンの下衆っぷりも(終盤から)イイ感じだし、腰巾着さんもカワイイし、お馬さんがお利口さんすぎてナデナデしたい。さすがディズニー、懐の大きさ(≒厚さ)が違います。

ところでアニメ版を含め過去作はいっこも見てないんですけど、お城に呪いがかかってた期間って何年くらいなんでしょうね?サー・イアン・マッケランの歳からして、そう気長に言ってられないはずですよ?(笑)
posted by のりすけ at 23:56| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする