2017年09月23日

DVD『仮面戦隊ゴライダー』

2017年 日本
監督:上堀内佳寿也
出演:飯島寛騎、小林豊、椿隆之、小野塚勇人、樋口隆則、佃井皆美、瀬戸利樹、松田るか、松本享恭、岩永徹也

auビデオパスで3週にわたって配信された、完全撮り下ろし新作ドラマだったそうです。当然のごとくDVD発売、そして当然のごとくポチ(笑)

まず、けんざきさんとカイトの棒っぷりが激しい。えむ君の舌ったらずが本気で可愛らしく思える。やはしキャラの違いか。カッコつけマンが棒だと本当にどうしようもないね。けんざきさんはリアルタイムで見てないので何とも分からないですけど、ゆたかはなんなの、成長してないの?なぜパティシエにならないの?

若い連中はジャレるかケンカかイチャつくか、他にすることがないので仕方なく唯一人昭和ライダーのおじさま(激渋)が話を進めてくれています。「死んだライダー」なんてもっとたくさんいそうですけどねぇ、平成はずいぶん死んでるって話ですけどねぇ。女性を入れる必要があった関係もあるし、バランスは悪くなかったとは言え。

お話としてはなかなか引き込ませてくれて謎が解けるとなるほどそうかー!ってなるし、終盤は神(オールバック&白スーツ+黒シャツ)がシメてくれるのでそれ以外は見なかったことにすれば良い、じゃなかった、ええと、ハッピーエンドならいいじゃないか!

腹の真ん中(胃のあたり?)を貫通するほどの大怪我でそんなにしゃべれて動けてダイイングメッセージまで残せて更にトドメは別だなんて医療ドラマ的にどうなんでしょうか!えむ君根性ありすぎなんじゃないでしょうか!つーかアレをアレしたときのアレのアレなアレを剣崎さんの中の人が表現できていないのがヤバい。やはり神が神なのか。ていうかそもそも神がえむ君をアレするわけがない件について。←

ゴライダー出現の必然性についてはアレです、ノーヒントでクリアしてくれ!とでも言っているかのよう。ふざけすぎにも程があります。カイトのノリの良さもヤバい。最初くらい戸惑いがあればカイトらしかったけど、消去法でwwwレッドにwwwwwなってしまったが故にwwwwwwwww迷うことを許されなかったwwwwww草がwwwwwwww止まらぬwwwwwwwwwwwww

つまりあのカードですよ。せめてリアル剣崎さんが何かしらヒント持ってきてくれたとか、そーゆーのくらい言ってくれればいいのに。ノーリアクションで受け入れてんじゃねえよバカ!えむ君もえむ君だ!「あっそうだ!」じゃねえよバカ!もっと優しくしてよ!この内容でメイキングやインタビュー特典もナシですか?もうちょっと脚本なんとかなりませんでしたかね?

そしてなんとタイガ先生はアテレコのみでした。残念すぎて言葉もないわ。

きりや先生の「あっ滑った」「ぃやーっっほぃ!」に職人魂。他の皆さんがカタブツばっかりだもんね(笑)

というわけで、せめて皆さん成仏してください...ナムー(-ノ-)/Ωチーン
posted by のりすけ at 10:01| 群馬 ☔| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。