2009年01月27日

DVD『ゲゲゲの鬼太郎』

監督:本木克英
出演:ウエンツ瑛士、井上真央、田中麗奈、大泉洋、間寛平、室井滋ほか

まず主題歌が嫌だw テッペイ君は嫌いじゃないけど、ゲゲゲなイメージからかけ離れすぎだろう。キャストが無駄に豪華で、それだけで十分楽しかったから満足なんだけど、ウエンツだけが浮いている。どう見てもこいつだけがダメだ。髪型も酷けりゃセリフも酷い。ていうかイケメンである必要はいっこもないよね。どうしてウエンツなのか。それが最大の謎だ。2作目も観るつもりだけど、その辺の違和感とか技術面とかが少しはマシになっていることを祈ろう。とにもかくにも大泉洋はやってくれた。ねずみ男を実写で再現できるのはこいつを置いて他にいまい。と思わせるほどの適役。本当に臭いそうな所作には感動すら覚える。嘘。あと大天狗裁判長はもっと渋かっこいいおじさまにやって欲しかった。経験値が顔に出るような、ねぇ。獅童じゃちょっと。でもウエンツ&テッペイの外れ度から比べると全く問題ないレベルw 文句ばっかでアレだけどもういっこ。小雪さんがちょいと残念。ここは狐顔の美人を連れてこないとw

posted by のりすけ at 13:47| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。