2009年02月02日

DVD『L.A.コンフィデンシャル』

原題『L.A.Confidential』
1997年 アメリカ
監督:カーティス・ハンソン
出演:ラッセル・クロウ、ガイ・ピアース、ケヴィン・スペイシー、ジェームズ・クロムウェル、キム・ベイシンガー、デヴィッド・ストラザーン、ダニー・デヴィート

なんでかな、ラッセル・クロウとケヴィン・スペイシーとシャイア・ラブーフがかぶって見分けがつかないんです。アタシだけ?だよねーorz いや、けっこうハラハラどきどきで観られました。上司が狂ってるとホント困るよね。ジャックかわいそうだよジャック。でもバドが有能だって分かって取り込もうとしなかったのはなんでかな。有能だけに、もし反抗されたら消さねばならないわけで使える駒が居なくなったら困るからか。エドは全く正反対な性格だけど、やはり手駒にするには危険すぎたと。つか敵作りやすいよな、“正義”って。「ロロ・トマシ」がすごく重要なキーワードになっているようには思えなかったんだけど、アタシが鈍いだけでしょうか。それがなくても解決したんじゃないかと。。。つかみんな銃の腕前が大変よろしいです。銃撃戦とかでも当たったらみんなほぼ即死だし。でも主人公は生き残るし。都合よすぎw ガイ・ピアースがいい男だったから、まぁいっか^^

posted by のりすけ at 15:40| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。