2009年02月04日

DVD『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』

原題『Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street』
2008年 アメリカ・イギリス
監督:ティム・バートン
出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン他

ジョニー・デップの歌声は、『クライ・ベイビー』で聞いてたと思う。驚きはしなかったっつーか驚くほどうまいわけでもないっつーか・・・まぁいいや。歌については、若者(名前忘れた)とジョアナとトビーが非常に良かったと思いまふ。お話はそもそも良く知らなかったんだけど、ミスターTとラベットの結末はチト納得いかない。公に捕まって罰を受けるべきだと思う。内緒じゃ済まされないでしょ、判事まで殺っといて。とりあえず若いもん同士が幸せになったのなら結果オーライか? 気になったのは肉。指が入ってたってことは、骨ごとミンチにしてんの? 捌いてるってゆってたし機械がぶっ壊れそうだから、指は間違って入っちゃっただけかな。だってミンチ状になっても骨があったら食べられないよねぇ。軟骨ならともかくw 骨と肉を分けて、毛も邪魔だし、服も剥ぐし、かなりの量のゴミが出るね。内臓はどうしてたのかな。コレを全部焼いてたとすると、そりゃあすんごい臭いがするよね〜>< つか骨は焼いても残るな・・・砕けば処分できるかな。あひー気持ち悪くなってきた(;>д<)

posted by のりすけ at 22:17| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。