2009年02月09日

DVD『陰日向に咲く』

2008年
原作:劇団ひとり
監督:平川雄一朗
出演:岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、平山あや、緒川たまき、塚本高史、西田敏行、三浦友和

原作はかなり前に読んだ。たぶん発売してわりとすぐの頃だったと思う。それとはどうもイメージが違うけど、映画は映画でアリっていうか「ひとり臭さ」がなくて良かったと思う。原作は、読みながら劇団ひとりがネタとしてしゃべってる声が脳内再生されたくらい「ひとり臭い」もので、それはそれでまぁアリなんだけど、あまりの「ひとり臭さ」にむせたw なんというか、本の方は全体のつながりを見渡すのが簡単だけど、映画の方が登場人物のそれぞれに入り込みやすくて深く感動できるかな、と思った。ところで岡田くんって何気にいい表情しますね。パチンコはもうしないって言った舌の根も乾かぬうちにフラフラっと、のシーンの顔のあの歪みっぷりが良かった。ジャニーズは基本、演技なんてできないもんと思ってかかるくらいがちょうど良いと思っているわけですが、彼はアリだと思いました。『SP』も見てみるかなw


-->
posted by のりすけ at 15:17| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。