2009年02月11日

DVD『ディスタービア』

原題『disturbia』
2007年 アメリカ
監督:D・J・カルーソー
出演:シャイア・ラブーフ、キャリー=アン・モス、デヴィッド・モース、サラ・ローマー、アーロン・ヨー、ホセ・パブロ・カンティージョ

シャイア君はスピルバーグに完全に気に入られたがために、あちこち引っ張りだこなんですかねぇ、という印象なんですが、本当にいい奴なので目が離せない。ところどころ息抜き的お笑い要素が入ってるんだけど、サスペンスなところもガッチリ。ただし一番怖いのは死体や暗闇などではなく、デヴィッド・モースですが。もう明るいところで見る優しげな顔ですら怖い、のはアタシだけかもしんないけど素晴らしいですね。ロニーの馬鹿っぷりもいい感じだ、と思ってたけど死んだフリのドッキリでちょっぴりちびったのでナシですっ;; あとアシュレーのノリの良すぎるところもどうかと思った。お嬢さまじゃねーんかw とりあえず3ヶ月間家から出てはいけないっていう生活が正直うらやましい・・・のもアタシだけかなぁw 仕事したくないクマー!

posted by のりすけ at 21:01| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。