2009年03月01日

DVD『バットマン』

原題『BATMAN』
1989年 アメリカ
監督:ティム・バートン
出演:マイケル・キートン、ジャック・ニコルソン、キム・ベイシンガー、ジャック・パランス、ビリー・ディー・ウィリアムズ、パット・ヒングル、ロバート・ウール、マイケル・ガフ

ジャック・ニコルソンが怖い。とにかくそれが第一っていうか唯一っていうか。。。ジョーカーとバットマン/ブルース・ウェインの因縁が描かれておりますが、ちょっと気になったことがあったりします。ジャック・ネイピアは一度死んでるって言うのに、なんで同じ口癖(死ぬ前に踊りがどうの、ってやつ。ぜんぜん覚えてないんだけど!orz)を言うのかな? ああいうサイコなひとって、そーゆートコこだわるもんなんじゃないのかな? って思ったんですよ。別にサイコなひとについて詳しいワケないんだけどw あと、マイケル・キートンがアタシ的にちっともイイ男じゃないので、これっぽっちも萌えません。マッスルも見せてくれないし。でもあれですかね、ブルースのときは素だけど、バットマンのときは声を低くするっていうのはお約束なんですかね。息が上がって思わず裏声出ちゃった☆なんつったらイメージぐずぐずですもんね。ていうか戦闘機VS猟銃?でヒコーキ落とされちゃうってどんだけだ。と思ったのはアタシだけでしょーか。

posted by のりすけ at 16:51| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。