2009年09月03日

劇場『96時間』

2008年 フランス
原題『Taken』
監督:ピエール・モレル
製作・脚本:リュック・ベッソン
出演:リーアム・ニーソン、マギー・グレイス、リーランド・オーサー、ファムケ・ヤンセン、オリヴィエ・ラブルダン、ジェラール・ワトキンス他

正に怒涛。こんなに怖いリーアム・ニーソン見たことない(まだ観てない映画の中には居るかもしれないけどw)。にしてもただのオヤジのときはちょっとボンクラな感じなのが、コマンダーだかソルジャーだかに変身するとホントに凄いことになってますね。何がすごいって弾丸避け術。主人公力(しゅじんこうぢから)ってやつ?w インディ・ジョーンズを超えてたね。最後のあたりでちょっとだけ当たってたけど、動けなくなるような場所じゃないし、致命傷は絶対喰らわないもんね。それにしてもジャン・クロードって言うとヴァン・ダムしか連想しないんだけど、この男は雑魚いなぁ。嫌な中間管理職だ。ヴァン・ダムも微妙な人生っぽいけど、こいつもある意味カワイソウだwww あと中東系の役者は顔がみんな同じに見えるので非常に混乱するんですがアタシだけですねそうですねごめんなさい。『トランスポーター3』より手に汗握れました。

posted by のりすけ at 10:16| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。