2009年09月24日

劇場『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』

2009年 アメリカ
原題『X-MEN Origins: Wolverine』
監督:ギャヴィン・フッド
出演:ヒュー・ジャックマン、リーヴ・シュレイバー、リン・コリンズ、ダニー・ヒューストン、テイラー・キッチュ、ライアン・レイノルズ、ウィル・アイ・アム、ダニエル・ヘニー、ドミニク・モナハン、ケヴィン・デュランド

いやーすごかった。主にヒュー・ジャックマンの筋肉が。もちろん原作読んでないし戦争のこととかよく分かんないけど、深いドラマがあったのねぇ。記憶を消されちゃってるっつーか操作されてるっぽいところが都合良すぎると言えなくもないけど。プロフェッサーとかサイクロップスとかちょこっと出てきてドキドキした。トリロジーまた観なきゃ^^; ストライカーがあんなんなっても『X-MEN』本編で大復活してるっぽいところが良く分からないw 気にしたら負けか。つーかウルヴァリンとセイバートゥースの主な能力って傷がすぐ治っちゃうってやつ(地味だけど何気に最強)だよね。でも首を体から切り離されたら流石に死ぬのか。と思ってたらそうでもないかもしんないみたいなアレじゃないですか。いいんですか? まじで続編作る気なわけ? ヒューの筋肉はもっと観たいけど、別に長いシリーズになってくれなくてもいいんじゃないかなぁと思うのはアタクシだけでしょうか。150年とか生きてるのに、まだ戦い続けなきゃいけないの? なんてねw

posted by のりすけ at 00:24| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。