2006年02月18日

DVD『乙女の祈り』

1994年
原題『Heavenly Creatures』
監督:ピーター・ジャクソン
主演:ケイト・ウインスレット&メラニー・リンスキー。

贔屓目に見ても高校生なのに14歳とゆー年齢設定にまず戸惑う。制服着てなかったらもっと上に見えるよね。つか実年齢でギリギリ高校生くらいだったはず・・・確かケイトが今30歳、当時18?19? ググッたらメラニーはその2つ年下だって。まじか! 二人とも胸でっかいしムッチムチだし、その貫禄で14歳はどう考えても無理だ。無茶だ。二人が下着姿になるシーンがあるんだけど、ムチムチ加減もさることながら、お年頃な女の子の下着とは思えないほど真っ白で、グンゼ? みたいなダサさに卒倒しそうになりますので、ケイトとメラニーのファンはどうなんだろう。ってな感じです。なんか変な規制でも入ったか? でも“異様さ”の表現はなかなかびっくりしますた。『ネバーランド』で、ジェームズと奥さんが同時に自分の部屋に入るんだけど奥さんの方は普通に暗い部屋なのに、ジョニーの方は見渡す限りの草原と青空には雲が浮かんで鳥もピーチクパーチクゆっちゃうみたいな、そんな変な世界。と同じ属性な感じ。ちなみに“親密すぎる関係”とゆーのは、ある程度理解できないこともない。ハマると他のモノに目が行かなくなる、とゆー現象にすぎないのだと思う。相手が異性なら単純に恋愛と見られるし、アニメやフィギュアならヲタクと見られるだけのこと・・・なんじゃないかと。1950年代の舞台ならあーゆー結論も致し方ないことではあります。で、最後の最後に「実話を元にしますた」とかテロップ入っちゃって更にびっくり。その上、特典映像で「私がジュリエットだ、と英国の小説家が名乗り出たのにはピーター・ジャクソンも動揺を隠せなかった」とかゆっちゃってもう大変。だからアレだ、今のピーターは人を驚かすことに喜びを見出しているのだな(違)。最後にツッコんでおきます。邦題「乙女の祈り」ってのは何がどーなってるのだ。そう言われると結構な割合のひとは、ピアノ曲の『乙女の祈り』を思い出すはずである。♪ちゃーんちゃちゃーんちゃちゃーんちゃちゃーんちゃちゃーんちゃちゃーんちゃちゃーんちゃちゃーーーん♪ そんなん、いっこも出てこない。しかも“乙女”だと思い込んでいると、主演2人の言葉の悪さにこれまた卒倒しそうになるのでいけません。イメージを押し付けられ易いタイトルという場に、内容にそぐわないイメージを与えうる単語を用いるべきでないと、改めて言いたい。ニッポンの映画界、特に字幕界隈には言いたいことだらけなので、ことある毎に小出しに言い続けていこうと思う次第でございます。


そしてアフィリエイトとかがまだ良く分かってないので、アマゾンのページのアドレスをとりあえず貼っておきます。ワタシここから買ったから。よろしくです>各方面
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000657KLG/qid=1140200983/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-0918799-1983506
posted by のりすけ at 03:30| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。