2006年03月05日

劇場『ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女』

原題『The Chronicles of NARNIA The Lion,The Witch and The Wardrobe』
監督:アンドリュー・アダムソン
出演:ジョージー・ヘンリー、スキャンダー・ケインズ、ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル、ティルダ・スウィントン他
お話はとっても分かりやすくて、ちゃんと盛り上がるししっかり泣けました。CGもそれなりですが、タムナスさん、ケンタウロスのひとは歩き方がぎこちなかった。。。残念。あと、子供たちが微妙。ルーシー役のジョージーちゃんはけっこういい演技だと思いましたが。エドマンド役とか、もうちょっとカワイイ子いなかったんかよ。ピーター役のウィリアム君は及第点といったところ(何様)。そんなことより白い魔女ですよ。「白い」「怖い」「魔女」といったイメージは大合格だけど、「美貌」はどうなんだ。少年が一瞬で惚れちゃうくらい美人か? ・・あ゛。石にしないでください。ごめんなさいもう言いません。えーと、サンタさんがあまりにもチョイ役で、登場も唐突過ぎて、釈然としない。一つ目の怪物や、巨人みたいなの、でっかい角の真っ黒な牛(しかも二足歩行)とか、鷲を巨大化したみたいなトリとか、一瞬「?」て思うよーなクリーチャーがたくさん出てくるのに、それらの名前も呼び名すら分からない。そんな説明不足がそこかしこに散りばめられているのですが、全部「魔法です」でオッケーなんでしょうか。全体の流れとペベンシー兄弟姉妹だけに時間を割くので限界だったか? だからパンフレットが異様に分厚いの? ナルニア国の全貌ってやつをもっとじっくり観たかった。ディズニーさんは第2章以降も作ってくれるのでしょうか。これから原作読んで期待するかしないか決めたいと思います^^;
posted by のりすけ at 22:13| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ケンタウロス
Excerpt: ケンタウロスケンタウロス (Κ?νταυρο?, ''Kentauros'') は、ギリシア神話に登場する怪物。ウマ|馬の首から上が人間の上半身に置き換わったような姿をしている。ラテン語ではケンタウル..
Weblog: 伝説の生物辞典
Tracked: 2006-03-06 10:00

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 (2005)
Excerpt: 久々に映画館での鑑賞ですね。 ずっと期待して待っていた「ナルニア国物語」見てきました。 ファンタジーと言えば当然「ロード・オブ・ザ・リング」3部作や「ハリー・ポッター」シリーズと比べてしまう訳です..
Weblog: cinema or movie ?
Tracked: 2006-06-23 00:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。