2006年03月13日

DVD『ハーレム・ナイト』

1989年
監督&脚本&主演:エディ・マーフィー
音楽:ハービー・ハンコック
他の出演者はよくわかんなかったんですけど・・・箱には“三世代におよぶコメディ界の伝説的人物が共演”とか書いてあるんですけど・・・エディ・マーフィー以外は誰のことなんでしょうか。リチャード・ブライヤーが父ちゃん役かしら? もうひとりは? 目の悪いおじいさん? 名前がわかんないよw まーいいや。お話的にはまぁ分かりやすかったけど、コメディだコメディだゆってるわりにスプラッタありありで笑えない。最後のオチだけがスッキリ爽快なんだけど、それまでの成り行きや手段が尽くドロドロうげうげ〜だもんだから、つまり手遅れ。ハービー・ハンコックももちろん嫌いぢゃないけど、終始ソレだと流石に飽きるわね・・とゆうのが分かりました。あと、ファッキン!ばっかりゆってるひとってどうにも嫌いっ!とか思ってたけど、キスマイアス!ばっかりゆってるひとの方がもっと酷い、ってことが分かりました。「Kiss my ass!」って色んなヴァリエーションあるんだねー。改めて翻訳家を尊敬しますた。面白かった度数で言うと、10点満点中4点。

posted by のりすけ at 02:28| 群馬 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。